ツノマタ

Category : 紅藻
P5200024.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 高さ:6cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:潮干帯岩礁

根元から不規則に又状に分かれて成長します。
赤っぽかったり写真のように鮮やかな緑色だったり、色彩変異が激しいようですね。


P5200073.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:15cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

たぶんツノマタの老成個体だと思われます。
もっさもっさと元気よく生えていました。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

キントキ

Category : 紅藻
P5200069.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:コンクリートブロック

キントキ? 坂田金時から来てるのかな?
やや厚めのからだが又状にわかれて成長していきます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

カヅノイバラ

Category : 紅藻
P5200074.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

モジャモジャ系男子。
イバラという名前の通り、枝がとげ状にたくさん派生しているのがよくわかります。
この枝どうしが絡まりあってモジャモジャしていくわけです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

フクロツナギ

Category : 紅藻
P5200068.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

ぷっくり円筒形のからだから、おんなじものがポコポコ生えている・・・・・・
なんかプードルとか作る細長い風船みたいね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

フサノリ

Category : 紅藻
P5200095.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:15cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

もさもさしたボール状のものがある! と思ったら海藻でした~。
どうやらコレ食べられるらしい。

基部から又状に分かれているので、よく見ると2つの房が合わさってボール状になってるのがわかります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウスカワカニノテ

Category : 紅藻
P5200087.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

カニノテよりもからだが細いのが特徴。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ピリヒバ

Category : 紅藻
P5200088.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

なんちゅう名前や、と思ったら、学名から来ているらしいです。
和名が未命名で仕方なく学名で呼んでいる魚はいっぱいいるけど、学名から和名をとったやつってのは珍しい。
でもこれういう命名方法は紅藻だと結構あるらしく、なんか変な感じ。

潮干帯下部にピンク色の大群落をよく作っていますね。
でも波左間の地形ではそういった大群落はあんまり見かけません。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

サンゴモ

Category : 紅藻
P5200022.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 高さ:30cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:潮干帯岩礁

茎から平面状に規則正しい枝を出しています。
潮干帯の浅い岩礁に群生していて、水中だとピンク色に見えますが、陸で乾いてくるとこんな色に。

ちなみにこういうタイプの海藻は石灰藻とも呼ばれ、死んで乾くと石灰質の骨格が残るわけです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

キヌグサ

Category : 紅藻
P5170097.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-19m 水温17℃ 高さ:15cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁


マクサより深いところに生えるテングサ。
観点の材料としては上質だけど、水揚げが少ないからあんまり使われないそうです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

フクロガラガラ

Category : 紅藻
P5170094.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-19m 水温17℃ 高さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

体の部分部分で強くくびれ、まるで袋がいくつもくっついてできているように見えます。
個人的にこのぷっくりした吸盤みたいなさきっちょが気になります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ワツナギソウ

Category : 紅藻
P5200086.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

青くてきれいな海藻。
本種の名前で検索すると、すごくきれいな写真もあって、どうやって撮ったのか教えてほしいくらいです。
様々な藻類に巻きつきながら成長するので、いろんなところで見る機会が多いです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ハナフノリ

Category : 紅藻
P5170154.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温20℃ 高さ:3mm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:イシダタミガイの殻

よくイソダマについてるモジャモジャした海藻。
もちろん貝だけでなく、岩なんかにも付着します。

P5170137.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温20℃ 高さ:2cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯のコンクリート

潮干帯に位置する堤防に生えていました。
かなり密度の高い群落を形成します。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウスバワツナギソウ

Category : 紅藻
PA230158.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-3m 水温:24℃ 高さ:3cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁

青い海藻って実はなかなかないんだけど、こいつはそこらによく生えています。
大きくなると、葉に年輪のような輪が見えてきて、これを上手に撮るとすごくきれいなんです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒラカニノテ

Category : 紅藻
PA230156.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-3m 水温:24℃ 高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁

浅い岩礁域にたくさん生えているアレ。
体はかなり硬くできています。
紅藻類には石灰質が多量に含まれているため、硬くなるんだそうです。
だから死ぬと白くなるんですね~。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ユカリ

Category : 紅藻
P5200053.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-22m 水温:18℃ 高さ:7cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:コンクリートブロック

あのしょっぱいユカリごはんの原料。
ではない!
ゆかりご飯のアレは、ただの赤ジソであって、こいつとはなんの関係もないそうです。

枝から鎌状の歯が生え、その片側だけに鋸歯状の葉が生えます。
よく似た色のトサカノリよりも葉が小さく、株が大きくなるのが特徴です。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヤツデガタトサカモドキ

Category : 紅藻
P3060032.jpg
撮影時期:2011/03 水深:-18m 水温:16℃ 長さ:6cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

大きく広がりながら、裂けていく紅藻によくありがちな形状。
葉全体に生殖器官が浮いてくるのでそれで区別ができます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒラフサノリ

Category : 紅藻
P3060004.jpg
撮影時期:2011/03 水深:-20m 水温:16℃ 高さ:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地

赤くて薄い葉に、縁取りが厚くなっているのが特徴。
葉は規則正しく二股に分かれ、本来は扇状に広がっていくようです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アヤニシキ

Category : 紅藻
P3060033.jpg
撮影時期:2011/03 水深:-15m 水温:16℃ 高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

紫色がきれいな海藻で、こんな見た目でも立派な紅藻に含まれます。
若い個体はスベスベの葉を持っていますが、成長するにつれ布がほつれるようにして網目状に変化していきます。
葉の表面にある白いツブツブは嚢果と呼ばれるもので、胞子みたいなもんです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

カニノテ

Category : 紅藻
PC050018.jpg
撮影時期:2010/10 水深:-18m 水温:23℃ 長さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地のコンクリートブロック

岩礁に普通に生えている紅藻類。
石灰質を含んでいるので硬く、死ぬと色素が抜けて石灰の白い塊になります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

フダラク

Category : 紅藻
P1280100.jpg
撮影時期:2011/03 水深:-7m 水温:16℃ 長さ:30cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地のガイドロープ

長い葉っぱを持つ特徴的な海藻。
若いうちはきれいな緑色をしているけど、成長につれ赤っぽくなったり黄色っぽくなったりしながら、
葉が皮状に厚くなっていきます。
また成長すると葉に斑点が多数現れ、名前はこの『斑だらけ』が訛ったもの。
なので仏教用語のフダラク(補陀落山)浄土とは関係ありません。
同じ音なのになんという俗っぽさ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク