スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニカエルアンコウ

Category : アンコウ目
P6071454.jpg
撮影時期:2009/06 水深:-24m 水温:19℃ 全長:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂泥底のコンクリート漁礁

ベニカエルアンコウの特徴は、
・他のカエルアンコウに比べて左右に薄い体
・エスカがエビそっくり
・トサカが細くて目立ちにくい
ていう感じ。
いる場所はほとんどの場合、すごくわかりづらい岩礁の側面やカイメンの影なんか。
しかも壁に対してビタっと張り付くことが多いので、探すのも大変だし撮るのも大変。
その上体に色々くっつけたり、体色自体が迷彩柄になるもんだからなおさらです。

だけど何故か波左間のベニカエルアンコウは撮りやすいしあんまり隠れてない。
この白い個体もそうで、めちゃくちゃキレイな上に撮りやすい場所。
なんでなんだろう。


P7051522.jpg
撮影時期:2009/07 水深:-18m 水温:18℃ 全長:6cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

本種はカエルアンコウのなかまの中でも比較的小型な種類。
10cmより大きくなることはあまりないようです。


PB130166.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-16m 水温:24℃ 全長:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

これぞベニカエルアンコウ! って感じの個体が発見されました。
ベニは体にいろんなものを付着させるから、こんなワケわからんことになるのがふつう。
コレいるのわかってても簡単に見つけられないよ。


P9090195.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-15m 水温:24℃ 全長:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁の穴

体の中央に眼状斑を持つ個体も多いけど、きれいさっぱり消失しているやつも多いので、
決め手にはならないかな。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。