カタクチイワシ

Category : ニシン目
PC310060.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-16m 水温:17℃ 全長:10cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁の中層

キビナゴより大きく、全体に銀色なのが本種。
波左間の場合水中で出会う確率はキビナゴより稀。
食卓だとイワシの方が断然なじみ深いのにねえ。
でも個人的にはイワシはヒカリモノなのに身が柔らかすぎてあんま好きじゃない。
「こいわしを七度洗えば鯛の味」なんて言葉があるらしいけど。

口が下あごの方に極端に寄っているから片口鰯。
背側が黒いからセグロイワシなんて呼び方も。
ちなみに回遊魚の背が黒く、腹が白いのは、
水面から見たとき黒い背が暗い海底に溶け込み、
逆に海底側から見たときには白い腹が明るい水面に溶け込むため。
ちゃんと考えて進化してるんだなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク