チャイロキヌタ

Category : 巻貝
PC310005.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-12m 水温:17℃ 殻長:1.5cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁の転石の下

元日本固有種(最近韓国・済州島にも生息が確認)で、海外タカラガイコレクターには人気のある種なんだそうです。
私なんかからするとなんだこのしなびた色合いの貝殻は、って感じですけど。

貝殻を見てチャイロって名前が付いてるんだろうケド、
ダイビングをしていると外套膜で覆われていることのほうが多いからよくわからん・・・。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

Comment

クチグロキヌタでは

掲載の1枚目と2枚目の5cmのタカラガイはクチグロキヌタと思われます。
3枚目の黒くて小さいのがチャイロキヌタです。
チャイロキヌタの5cmでワールドレコード更新にはならないと思います。

ご指摘ありがとう御座います

>>A.S.Dさん
ご指摘ありがとう御座います。
調べてみたところ、確かにクチグロキヌタのようですね。
非公開コメント

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク