スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオモンカエルアンコウ

Category : アンコウ目
P9260036.jpg
撮影時期:2008/09 水深:-14m 水温:25℃ 全長:25cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のガイドロープ

波左間のオオモンカエルアンコウといえばコイツ。
突如でかいまま現れ、少なくとも2年は確認されていたツワモノ。
初めて発見されたときは鮮やかなオレンジ色、1年でくすんだオレンジ(写真の状態)、2年目には真っ黒のゴッチャゴチャに体色を変化させていっていました。
こいつがまたへんな場所を好むヤツで、ピンと張った2本のガイドロープに片足ずつ載せてたり、
海中のブイに張り付いてたり。
オオモンって無茶なところにつくイメージがあります。

PA160146.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-20m 水温:20℃ 全長:12cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:コンクリートブロックの壁面

老成するとカエルアンコウの仲間の中でも極端に汚くなる本種ですが、
若い個体はものすごくきれいなことが多い印象があります。

イロカエルアンコウとよく似ているけど、皮膚の表面がスポンジ状にモコモコしているところと、
トサカが太く丸いことが特徴です。


s-PB140025.jpg
撮影時期:2010/11 水深:-12m 水温:20℃ 全長:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のジュズエダカリナ

小さな小さな幼魚です。
やっぱり皮膚がスポンジ状になっていますね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。