スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タツノオトシゴ

Category : トゲウオ目
P9260031.jpg
撮影時期:2008/10 水深:-17m 水温:21℃ 全長:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のアカヤギ

波左間で見られるタツと言えばこいつ!
今までハナタツは一度も見つかっていないんです。
ハナタツとの違いは、この長く伸びた頭。
ハナタツはもっと滑らかに丸っこいのに対して、このトンガリ具合。
コーンヘッドです。
ダイビングポイントでは本種を観察できる場所はなかなかないのでダイバーからしたらレアかな?

ハナタツと違いかなり泳ぎ回ります。
カメラを近づけると、そっぽ向くばかりでなく積極的に泳いでホストを移動するのでもう大変。
撮りにくいタツNo.1でしょう。

ちょっと気になってタツノ『オトシゴ』の部分を調べてみました。
『落とし子』とは、身分の高い人が正妻でない女性に産ませた子、ご落胤。ということだそうです。
これまで落とし子は英語で言えば Mc とか Jr 程度の ~~~のこども 程度のことだと思っていたのに、ちょっとドロドロしてますね。
つまり龍が魚に浮気して孕ませちゃったお子ってわけなのね。


P1010243.jpg
撮影時期:2012/01 水深:-7m 水温:17℃ 全長:7cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

海藻の多いマンボウランドでみかけるのはこのタイプが多いです。
一番多く見られる時期は、春から夏にかけて。
直径50mの生簀の中で、かなりの高確率で出会えます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。