スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニキヌヅツミ

Category : ウミウサギ
PC050074.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-22m 水温:17℃ 殻長:3cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底のコンクリート漁礁のトゲナシヤギ

写真の個体は~って書こうとして、白いのの上にもう1匹おったのに今気づいた!
色彩変異の激しいウミウサギで、最も普通なのは上側の赤っぽい色。
逆に下の白い個体は私自身は初めて見ました。
白い個体に興奮しすぎて上のちっこいのに気づかなかったんだろうな~。
ちなみに貝のついてる左の枝上方についてるのが卵です(これも今気づいた)。


PC050082.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-22m 水温:17℃ 殻長:2cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底のコンクリートブロックのトゲナシヤギ

色彩変異だけじゃなく形にも変異が多すぎてときどきシュスヅツミかと思うようなずんぐり個体がいることも。
これは細長い普通のタイプですけど。
軟体は殻の透ける部分をベースに、小さな斑点と小突起が存在します。
斑点は小さく、逆に突起はシュスヅツミよりは大きく目立つので、そこが見分けるポイント。


PC290035.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-20m 水温:19℃ 殻長:4cm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁のトゲナシヤギ

これは鮮やかなオレンジ色が眩しい個体。
様々な種類のヤギにつきますが、波左間では特にこのトゲナシヤギについていることが多いようです。
このタイプのトゲナシヤギは-20m以深に生えていることが多いので、探すときにはそのあたりを。


P8260347.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-19m 水温:20℃ 殻長:4cm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁のトゲナシヤギ

交接中のペア。
色彩変異同士の個体でもしっかりペアリングするんですね。


PC110069.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-22m 水温:17℃ 殻長:1cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:砂泥底のコンクリートブロックのフトトゲナシヤギ

ベニキヌヅツミの幼貝。
殻にたいしてツブツブがまだ大きくてすごくかわいい。
まるで飴玉みたいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。