スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブクロモク

Category : 褐藻
P5120528.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-16m 水温:18℃ 高さ:30cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:コンクリートブロック

桜の花びらが散る度に出てくるほうか、
俺も知らない80袋のほうか知らないけれど、
けっこう深場まで進出する種のようです。
大きさは小さめで、大きくても1m以内。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒロメ

Category : 褐藻
P4290103.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 高さ:30cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:魚網

その名のとおり、広い葉を持った褐藻。
葉が一枚にしかならないことと、切れ目などがないことですぐ見分けがつきます。

こいつには特に魅力的な生物が付着しないからあんまりおもしろくない。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

カゴメノリ

Category : 褐藻
P3070467.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:17℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:岩礁

虫食い状に穴が開いているのですぐわかります。
これを見立てて籠目海苔というわけです。
手触りはけっこう硬くできています。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ワカメ

Category : 褐藻
P3070555.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:17℃ 高さ:1m 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:岩礁

海藻といえばコイツ!
2月ごろから発生し始め、4月ごろまでは観察できます。
2~3月はマンボウランドでわかめ狩りを開催してるから、わかめ好きな人はぜひ!
一生分のワカメが獲れますよ。

なんとメカブの部分にはダンゴウオやスナビクニンが隠れているらしい。
でも見つけらんない・・・

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

カヤモノリ

Category : 褐藻
P1310328.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-0m 水温:12℃ 高さ:20cm 撮影者:駄犬
ポイント:船着場 環境:潮干帯の「コンクリートスロープ

からだが節で分かれているのが特徴。
ふりかけの材料になるらしいです。
でもうまそうではないなあ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アラメ

Category : 褐藻
P6030169.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 高さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯の堤防

たぶんアラメの幼体だと思うんだけど、自信なし。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シワヤハズ

Category : 褐藻
P6030154.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-12m 水温18℃ 高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のトップ

-10mくらいの岩礁のトップによく生えています。
よく目立つ中肋と、シワシワの葉が特徴。
薄青く光を反射してきれいらしいけど、いまだかつて見たことないや。
時期が悪いんだろうなあ。

ヤハズは『矢筈』を現してるんだろうけど、どうもピンとこないなあ。
矢筈ってのは弦に矢を番える凹型の部分のことなんだけど、ええーーー???

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ツルモ

Category : 褐藻
P5200028.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0.5m 水温18℃ 高さ:2m 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:潮下帯の砂地

波の穏やかな浅海に生えるながーーーーーーーーい褐藻。
からだに見合う深さがあれば、垂直にのびていくので、一見ムチヤギのようにも見えます。
表面に見えるボツボツは遊走子嚢。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ムチモ

Category : 褐藻
P5200080.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:30cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

ちょっと堅そうな茎をもったやつ。
若い個体は枝の先端が房状になり、まさにムチ。
でも成長につれて脱落してしまうらしいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ネバリモ

Category : 褐藻
P5200030.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 高さ:1cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:潮干帯岩礁

球形に近い不規則に膨らむ。
見た目もにちょにちょしてるけど、押してみると破れないでそのまま潰れます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウミトラノオ

Category : 褐藻
P5200031.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 高さ:30cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:潮干帯岩礁

おおー、こうしてみると陸上の植物だって言われてもわかんないや。
その名の通り、動物の尾のようなゴワゴワした感じが特徴。

それにしてもウミトラノオってなんか語呂がいいな。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

マメタワラ

Category : 褐藻
P5200096.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:2m 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

春先からものすごい勢いで成長し、あっというまに海底をカーテンのごとく覆い尽くすヤツ。
図鑑を見ると高さ2mまでって書いてあるけど、どう見ても5mくらい育ってる奴いるだろう。
この中をめんどくさいからって突っ切って泳ぐと、意外と絡まって悲惨なことになります。


P5200097.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:2m 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

ホンダワラ系にしてはかなり葉が小型。
枯れてくると葉が全然わからなくなります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオバモク

Category : 褐藻
P5200100.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:70cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

なんというかキョウチクトウみたいな葉っぱをしたモクのなかま。
ホンダワラ系の中でもかなり大きい葉をつけるので、ひとめでわかります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオバノコギリモク

Category : 褐藻
P5200049.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 高さ:1m 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

かなり大きめの葉を持っているので、なんだか本当に陸上の植物みたい。
葉は大きなもので20cm近くになり、縁が鋸歯状になります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヘラヤハズ

Category : 褐藻
P5170091.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-19m 水温17℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地の土俵

緑色の草みたいなやつ。
これといった特徴もないし、目立たないし、別におもしろくもないし、な感じ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒジキ

Category : 褐藻
P5170164.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0.5m 水温20℃ 直径:2cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯下部の岩礁

ご飯のお供として身近なこの海藻がこんな浅瀬に生えていたなんてしらなかった!
でもよく考えてみれば、昔から使われている食材なんだから、採取しやすい場所に生えてるのは当たり前ですね。

プリプリした感じの紡錘形の小枝が放射状に生えているので、非常に簡単に見分けられます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シワノカワ

Category : 褐藻
P5170153.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温20℃ 高さ:1cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯上部の岩礁

岩の上に平たく生える褐藻。
単体では円形でも、単体同士が隣接すると融合していくんだそうです。
ちょっと見た目気持ち悪めなやつ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ホンダワラ

Category : 褐藻
P9110055.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-7m 水温:26℃ 高さ:8cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

春になると浅場のゴロタや魚網にもんのすごく生えてくる海藻。
写真の個体はまだ小さいのでこんなもんですが、成長すると2mくらいの高さになります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

トゲモク

Category : 褐藻
P9110032.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-7m 水温:26℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の魚網

トゲモクの幼体らしいです。
ヒバマタ目のなかまは外見が似ている種が多いので、葉の形で区別すのが良し!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

サナダグサ

Category : 褐藻
DSC04543.jpg
撮影時期:2012/04 水深:-5m 水温:19℃ 高さ:20m 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:中層のブイ

アミジグサによく似ているけども、体が厚いのが特徴。
葉は規則正しく叉状にわかれ、先端が同じく二股に分かれています。
春先の水温の低い時期に生えてきて、水温が高くなると一切見かけなくなってしまいます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。