スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルエラワレカラ

Category : その他甲殻類
P4050638.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:8mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

名前の通りエラが丸いワレカラ。
こいつは内湾性のS型と呼ばれるものらしく、外洋性の同種は太くてごっついR型と呼ばれるらしい。

それにしてもようもワレカラの同定が進むもんだわ。
ワレカラってそこそこメジャーな生き物なのか?
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

オオワレカラ

Category : その他甲殻類
P4050643.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:3cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

最大で5cmくらいになる大型のワレカラ。
なんかぺた~っと伏せるように隠れるクセがあるようです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アミsp-2

Category : その他甲殻類
P4060062.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

どうもこいつは泳がないタイプのアミらしい。
藻場には小さな甲殻類がたくさんいて、だいたいはノミだのダニみたいなやつばっかりなんだけど、
こういうエビっぽいのが見つかるとけっこううれしい。

ちなみにエビによく似ているけど、全然違うグループです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

トゲワレカラ

Category : その他甲殻類
P4060059.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:1.5cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

アルビノのワレカラや~! と喜び勇んで撮ったやつ。
頭部に小さなトゲがあるのが特徴。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヨコエビsp

Category : その他甲殻類
P4060042.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:3mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

海藻が繁茂する季節になると、ほんと小さな甲殻類がウジャウジャと湧いてきます。
こいつらはまたちょっと気色の悪い系なんだけど、まだ小さくてよく見ないと識別できないからいい方か。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

サンゴフジツボsp

Category : その他甲殻類
PC300128.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-17m 水温:14℃ 曼脚の長さ:1.5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:イシサンゴ

イシサンゴの表面からキラキラした糸状のものが伸びている!?
ああ、こういうとこにもつくわけねえ。
たぶんこういうとこ専門のやつなんでしょう。

キラキラきれいだから、撮り方によってすごい写真が撮れそうだ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アミsp-1

Category : その他甲殻類
P9230180.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-6m 水温:24℃ 全長:2mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

見た目はエビに似てるけど、エビとは違う、アミ目というグループなんだそうです。
昼間は砂の中に隠れてて、夜になると活発に活動し、光に群がるそうです。
イサザアミと呼ばれることもあるけど、それはどうやらアミ類の総称みたいなもんらしい。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオメアミ

Category : その他甲殻類
P9230176.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-6m 水温:24℃ 全長:2mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

なんか砂地でチョロチョロしてるやつ。
気になるんだけど、肉眼でとらえられないし、スルーされてしてしまうやつら。
んでこれがチョロチョロ動くし、ものすごく撮りづらい。
数うちゃ当たるでようやく撮れた一枚。

いろんな魚のエサになってるんだろうなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

エボシガイ

Category : その他甲殻類
PA120056.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-5m 水温:24℃ 高さ:3cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:中層のブイ

中層や表層のブイや流木などの漂流物につく甲殻類。
カイという名前がついているけど、フジツボと近縁。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ワレカラモドキ

Category : その他甲殻類
P7080048.jpg
撮影時期:2012/07 水深:-16m 水温:21℃ 全長:1cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:シロガヤの上

やっと撮れたよこのウミカマキリ。
ガヤの上にはいっぱいいるんだけど、カメラを向けると棒になっちゃってゴミにしか見えないから
あきらめかけてたけど、ようやくうまく撮れました。

同定はなんとなく・・・・・・
アバウトくらいが一番加減がいいんだよ!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ニシキスベヨコエビ

Category : その他甲殻類
P6240041.jpg
撮影時期:2012/06 水深:-15m 水温:20℃ 甲長:5mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

2011年にやっと名前が決まったそうです。
よかったよかった。

オレンジ色の体色に、に節々にカギ形の模様が入るのがなんともかっこいい!
なんかちょっとメカメカしいとこが男の子に大人気!

どうやらチゴケムシによくついているようで、この個体も最初はチゴケムシにくっついていました。
見た目ほど俊敏でなく、あまり動き回りません。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウシオダニsp

Category : その他甲殻類
P6030128.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-18m 水温20℃ 全長:0.3mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のコナミウチワの葉上

あああああ もう!
だからわからんちゅうに!

見た目は完全にオレンジ色のダニ。
なんなんだよコレェェェェェ!!!

とりあえずミズダニのなかま、ウシオダニっぽいことまでは調べられました。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

クロフジツボ

Category : その他甲殻類
P5170152.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻径:3cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯の岩礁

潮干帯に生えてるちょっと大きめのフジツボ。
殻が黒っぽくて、なだらかな山形になっているのが特徴。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イワフジツボ

Category : その他甲殻類
P5170144.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻径:0.8cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯の堤防

潮干帯に生息している小型のフジツボ。
かなりの密度でひっついています。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

フクロムシ sp

Category : その他甲殻類
P5170127.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 甲長:20cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:潮干帯下部岩礁のイワガニの腹部

一族そろって甲殻類に専門で寄生するなんか気色悪い奴。
写真の個体はイワガニについていました。
見えている袋状の部分はエキステリナといって、ほぼすべて生殖器官なんだとか。

ほんでコレがカニに寄生すると、寄生去勢と呼ばれる繁殖能力の脱落を起こさせるんだとか。
ひえーこえー。
しかも自身を掃除させたり、幼生の放出をさせたりと、操り人形にしてしまうという・・・・・・
それだけならまだしも、オスに寄生した場合には、外見や行動をメス化しちゃんだって!
おっそろしい~!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヘラムシsp

Category : その他甲殻類
P4150044.jpg
撮影時期:2012/04 水深:-15m 水温:13℃ 全長:0.5mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁の海藻

水温も低いしダンゴウオでもいないかな~と海藻を舐めるようにみていたら、
ちょろちょろとダニのような生き物が・・・・・・
おそらくヘラムシの仲間だろうとは思うけど、詳細不明。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオアカフジツボ

Category : その他甲殻類
PC180147.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-15m 水温:17℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のオーバーハングの天井

ブイによくつく大型のフジツボ。
盛んに曼脚を動かして、海中のプランクトンを捕食しています。

これもブイやロープに大量に固着するため漁業関係者に嫌われる生物。
死んだ殻の中にはカエルウオやヒトスジギンポなどが住み着きます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

カルエボシ

Category : その他甲殻類
PB100055.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-18m 水温:22℃ 全長:3cm 撮影者:DI
ポイント:船着き場 環境:表層の流木

船着き場のスロープに漂着した流木についていました。
貝のように見えるけど、フジツボと同じ蔓脚類のなかまで、漂流物によくついています。
エボシガイとはよくにているますが、本種は殻の部分に明瞭な放射状の溝があること、
殻の端が尖ること、柄部が白色半透明のなことが特徴です。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

カメノテ

Category : その他甲殻類
PA230152.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-0m 水温:24℃ 全長:5m 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁

貝のように見えるけど、れっきとした甲殻類。信じらんねえ。
フジツボなんかと近い仲間で、潮干帯付近に着生し、
潮が満ちると『亀の手』の間から触手をはためかせてプランクトンを捕食します。

岩場に生えてるのを見てもなんとも思わないけど、これが動物に寄生したところを想像すると・・・・・・
ぎゃああああああああ!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。