スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハネガヤsp-1

Category : ヒドロ虫類
P3070488.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-14m 水温:17℃ 高さ:20cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

幹がしっかりしていてけっこう大型になるタイプのガヤ。
-15m程度の推進でよく見かけます。
この写真にも写ってるけど、マツカサウミウシの類がよくくっついてます。
触ってもあんまりチクチクしない。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒドロ虫sp-3

Category : ヒドロ虫類
PC310248.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-14m 水温:14℃ 高さ:5mm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁の岩穴

またぜんぜんわからんのが来たよー。
はいっヒドロ虫のなかまだと思いますが、まったく不明!


PC310249.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-14m 水温:14℃ 高さ:5mm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁の岩穴

オレンジ色の培地みたいなとこから生えてますね。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒドロ虫sp-2

Category : ヒドロ虫類
P5200057.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-5m 水温18℃ 群体の高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:中層のブイ

たまに見かけるワッサワサしたヒドロ虫。
でも見かけるのは春先ばかりなんだよなあ。
もしかしたらクラゲのポリプ期なのかもしれないです。


P5200056.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-5m 水温18℃ 湖中の大きさ:3mm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:中層のブイ

ポリプ部のアップ。
なんなんだろうなあ?

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ハネウミヒドラ

Category : ヒドロ虫類
P5170086.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-15m 水温20℃ 高さ:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

ハネウミヒドラとか、なんか語呂よすぎじゃね?
ドラクエのモンスターで出てきそう。

普通に見られる種類だけど、どちらかというと浅いところのを好むよう。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ドングリガヤ

Category : ヒドロ虫類
P4150049.jpg
撮影時期:2012/04 水深:-18m 水温:13℃ 高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:コンクリートブロック

枝が太くて長く、軸を中心にして1枚の羽のように枝が生えてくる特徴的な形なのですぐに見分けがつきます。
こいつにはカゲロウカクレエビが専門的につくので、秋になったら要チェック!
ただ、波左間だとこのドングリガヤ自体が非常に少ないのが難点。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ハナヤギウミヒドラ

Category : ヒドロ虫類
PC150044.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-19m 水温:17℃ 高さ:2cm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁のエナガトゲトサカ

エナガトゲトサカの幹の部分に専門で生えるかわったヒドラ。
コレもトサカの一部かと思っていたら、別の生物だったんですね。

エノキみたいだけど、マクロで撮るととってもきれい。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

クロガヤ

Category : ヒドロ虫類
PA130099.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-7m 水温:24℃ 高さ:10cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の転石

黒いガヤ。
シロガヤよりも毒は強いらしく、数週間かゆみが続くこともあるとか。
ガヤに刺されるのって、たいてい手首や手の甲側なんですよね。
手のひらを着くところはよく見てるけど、着いた周辺に生えてるコイツらが水流で揺れて触っちゃうことが多々。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウミヒノキ

Category : ヒドロ虫類
P9080157.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-16m 水温:26℃ 高さ:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

長い枝にツブツブとよく目立つポリプが生えています。
潮通しの良い岩礁域でよく見かける気がします。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ベニクダウミヒドラ

Category : ヒドロ虫類
P5150027.jpg
撮影時期:2011/05 水深:-16m 水温:16℃ 大きさ:1cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:コンクリート

ヒドロ花の中心が赤っぽくなるのが特徴のウミヒドラ。
岩礁やコンクリのちょっと陰になるような場所でよく観察できます。

こいつも刺胞動物の仲間だから、きっと小さなエビなどのプランクトンを人知れず捕食しているのでしょうね。
よく見たらヨコエビくんが・・・・・・

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オウギウミヒドラ

Category : ヒドロ虫類
P3200051.jpg
撮影時期:2011/03 水深:-18m 水温:16℃ 高さ:20cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:砂泥底のコンクリートブロック

広範な水深で観察できる扇形のヒドロ虫。
枝の上には、スミゾメミノウミウシやガーベラミノウミウシなどミノウミウシ類がよくくっついています。

パッと見よく似ているウミウチワと間違いやすいですが、本種はヒドロ虫の仲間のため、ポリプにあたる部分が花のようになっておらず、ちょとちょととした白っぽい毛が生えているように見えます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シロガヤ

Category : ヒドロ虫類
PC190199.jpg
撮影時期:2011/01 水深:-20m 水温:15℃ 体長:12cm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:砂地

砂地に生えるタイプのヒドロ虫。
寒い時期に成長するようで、夏場はほとんど見かけませんが、水温の低くなる12月ごろから目立ち始めます。
ウミウシのなかまやシロチョウウグイスガイといった魅力的な生物が寄生するので、
見つけるとどうしても覗き込んでしまう。
かなり軽い体のようで、体感できないようなうねりにも揺れてしまうので、寄生生物の撮影は大変!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒドロ虫sp-1

Category : ヒドロ虫類
PC290058.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-15m 水温:19℃ 大きさ:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁のオーバーハングの裏側

遠目から見たらカイメンかと思ったんだけど、よく見たらヒドラ様のポリプが生えています。
カイメンに寄生したヒドロ虫なのか、ヒドロ虫の群体なのか。
はたまたまったく別の何かのか。
情報求む!

調べてみたところ、『カイメンウミヒドラ』という名前が出てきましたが、
画像がないのでこれがそうなのかイマイチわかりません。


PC290059.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-15m 水温:19℃ 高さ:2mm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁のオーバーハングの裏側

ポリプ状の部分を拡大したもの。


PC310256.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-13m 水温:15℃ 大きさ:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁のオーバーハングの裏側

青いものも見つけました。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。