スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムスジコショウダイ

Category : スズキ目イサキ科
P9230032.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-16m 水温:24℃ 全長:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

アジアコショウダイそっくりだけど、茶色っぽいのが本種。
このくらいのサイズが一番撮りづらいんですよね。
成魚になればゆったり動かないので楽勝だし、もっと小さいステージならその場でヒラヒラだから、まだ撮りやすい。
このくらいのステージはすいーっヒラヒラ、すいーっヒラヒラでカメラ泣かせ。
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒゲダイ

Category : スズキ目イサキ科
PB200052.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-18m 水温:22℃ 全長:45cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

でででで出たー! 西川名名物のヒゲダイじゃー!
ご近所の海なのに、房総半島の鼻を挟んで太平洋側の西川名にはウジャウジャ、
東京湾側の波左間では滅多に見られない変わった魚。

名前の由来は、下あごに生えた肉質のヒゲ。
そのまんまじゃねえか。

西川名では、大きく切れ込んだ谷の底で、十数匹のヒゲダイが整列している様子がいつでも観察できます。
ありゃ面白いよ。
って西川名の宣伝してしまったー!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

コショウダイ

Category : スズキ目イサキ科
PB200024.jpg
撮影時期:2011/11 水深: 水温: 全長:60cm 撮影者:DI
ポイント: 環境:

胡椒鯛、小姓鯛、小庄鯛 など当て字が一定しないので、由来が揺らいでわけわからんYO!
水中で見かける機会はあんまりないんだけど、この水揚げの数日前までは、高根の漁礁に大群でいたらしい。
つまりこいつらは・・・・・・

値段は安いけど、味は鯛などに似てとっても良い! 適度な歯ごたえもあるから寿司ネタとしても好きです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アジアコショウダイ

Category : スズキ目イサキ科
PA120017.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-16m 水温:24℃ 全長:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

クネクネと体をくねらせて泳ぐ姿に愛嬌のある本種。
南方系の魚なので、なかなかお目にかかることはできないんですが、
2010年はどでかい個体が流れてきました。
白と黒の体色はなかなか私好みなんですが、それが逆に撮影しづらい。
眼が完全に黒いラインに飲み込まれてしまってピントが合わせづらいのです。


P9110065.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-7m 水温:26℃ 全長:3mm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の海藻の陰

マンボウランドで超ベビーに遭遇!
あまりに細く小さいため、最初はゴカイかなんかの触手が漂っているのかと思いました。
こんな小さな体でも、クネクネと元気よく泳いでいます。
小さいほど移動範囲が狭いので、むしろこのくらいの方が撮りやすかったり。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

コロダイ

Category : スズキ目イサキ科
584384_1293067921a.jpg
撮影時期:2010/11 水深:-20m 水温:18℃ 全長:60cm 撮影者:のんべぃ
ポイント:高根 環境:岩礁

波左間で見られる数少ないコショウダイの仲間で、大きくなると60cmをゆうに越える大物。
夏場水温の高い時期に、岩礁域の中層から底層を数匹のまとまりでゆらゆらと漂っている姿が目撃されます。
ただ水温が下がり始めると、ある日を境に全く見かけなくなってしまいます。


P9180030.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-6m 水温:26℃ 全長:30cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のコンクリート漁礁

コロダイの若魚。
黄色い斑紋が、まだ縦に並んでいるのがよくわかります。
この頃のステージでは、十数匹の小規模な群れをつくっているのをよく見かけます。


P9110039.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-7m 水温:26℃ 全長:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

幼魚のころはこんな特徴的な体色。
やっぱりこれらの仲間にもれず、海底をクネクネと泳ぎ回っています。
でもほかのコショウダイの幼魚よりもクネクネ度合いは低めで、
かわりに移動範囲がかなり広いような気がします。


P8300124.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-6m 水温:29℃ 全長:1.5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の根

ベビーサイズ。
このくらいのステージだと、移動範囲が非常に狭く、その場でクネクネしている感じ。
夏場、浅いところでよく見かけます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イサキ

Category : スズキ目イサキ科
PA080068.jpg
撮影時期:2010/10 水深:-5m 水温:22℃ 全長:6cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の中層

塩焼きにするとおいしい魚。
幼魚の頃は濃密な群れを作るので、見ごたえはなかなかのもの。
これが成魚なるともっとすごくて、あまり人を怖れないのか群れの中に取り込まれることもしばしばです。


PC050068.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-20m 水温:17℃ 全長:20cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底の中層

イサキは珍しい魚じゃないけど、立派な成魚サイズになるとなかなかお目にかかれません。
多分、幼魚は沿岸性でも、成魚になると外洋に出てしまうんでしょう。


s-PA010015.jpg
撮影時期:2010/10 水深:-16m 水温:22℃ 全長:10cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

この日は神社のある高根を覆いつくさんばかりのものすごい数が群れていました。
その前の週はキビナゴが数十mはある大河を作るし、
翌週にはどでかいコロダイやオオモンハタが沸いてくるしで、毎週潜っても色んな変化が楽しいものです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。