スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イトヒキアジ

Category : スズキ目アジ科
P9160028.jpg
撮影時期:2012/09 水深: 水温: 全長:18cm 撮影者:駄犬
ポイント: 環境:

たなびく糸がめっちゃ魅力的な憧れのお魚。
過去にマンボウランドに出たこともあるんだけど、そのときは見つけられず、悔しい思いをしました。
いつも数匹の群れで行動しています。

これに水中で出会えたら感動モンです。
かなりのレア種。

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

マルヒラアジ

Category : スズキ目アジ科
PB130182.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-5m 水温:22℃ 全長:2cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:中層のブイ

ブン流れの高根の潜降ロープについていた、小さな幼魚。
ビュンビュン流れの中で必死に泳ぐ姿は健気でなんとも愛らしいものがあります。
1匹だけで寂しいなあなんて思っていたら翌週3匹に増えていました。
この広い海の中で、いったいどうやって出会うんだろう?

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ギンガメアジ

Category : スズキ目アジ科
PA230208.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-1m 水温:24℃ 全長:15cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁の波打ち際

足の着くような波打ち際で、クロサギに混じって泳いでいました。
1匹だけ体の光り方が違うし、眼の後ろに1個点がある! ってなもんでがんばって撮ってみました。

たま~に見かけるんだけど、たいてい単体なので、パラオのようなトルネードなんて望むべくもなく。
でもギンガメアジって聞くと、やっぱりあのイメージなんですよね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ブリ

Category : スズキ目アジ科
P9290139.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-15m 水温:23℃ 全長:60cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:中層

ブリ!
波左間じゃやっぱり滅多に見られない回遊魚です。
こんなんがビュンビュン泳いでたら心臓バクバクしちゃいますよね。

関東では ワカシ < イナダ < ワラサ < ブリ の順で名前が変わります。


PB290099.jpg
撮影時期:2012/11 水深:-6m 水温:19℃ 全長:40cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:中層

指示棒でブイについたフジツボを削っていたら、音につられて集まって来ました。
これでイナダサイズかな? 壮観でした~。
こいつらは好奇心旺盛で、指示棒をブンブン振り回したり、チリチリ音を鳴らすと興味を持って寄ってきます。
さらに1m近いでかい個体は、泳いでるダイバーに伴泳することもあり、なかなかおもしろいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ツムブリ

Category : スズキ目アジ科
DSC04139.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-5m 水温:26℃ 全長:30cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の中層

なんか青くてビュンビュンする魚がおる~!
なかなか見られないツムブリでした。
ジンベエザメが入るとこういう珍しい魚もつられて生簀に入ってくるから楽しいです。

さてコイツ、英語では Rainbow Runner 、つまり虹を駆ける者。
めっちゃかっこええやん。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒラマサ

Category : スズキ目アジ科
P8070141.jpg
撮影時期:2010/08 水深: 水温:26℃ 全長:70m 撮影者:DI
ポイント: 環境:

定置網にかかったヒラマサを撮らせていただきました~。
流線型ボディの魚はやっぱりかっこいいな~。
水の中で見ても、泳ぎのキレが違いますよね。
こんなんがビュンビュン飛び交う海にも憧れるなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

カンパチ

Category : スズキ目アジ科
DSC03586.jpg
撮影時期:2011/07 水深:-5m 水温:24℃ 全長:25cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

写真じゃちょっとわかりにくいけど、背鰭前端から目を通って上顎まで褐色の斜線が入るのが特徴。
これを上から見たとき、漢字の「八」に見えるのが和名の由来。
2011年はカンパチの目撃例が多く、一番すごかったのは高根で100匹以上の大群に360度全方位を5分くらい囲まれたこと。
波左間は群れものに弱いんだけど、今年は期待が持てるかな?
マンボウランドにはジンベエザメが入ったこともあり、エサのおこぼれをもらうために数十匹が紛れ込んでいるのでいつでも見られます。

そういやカンパチって食べたことないなあ、と思って調べてみたら、高級魚とありました。
道理で食べたことないわけだ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シマアジ

Category : スズキ目アジ科
DSC04144.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-3m 水温:26℃ 全長:30cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の中層

数十匹くらいの小規模の群れをつくって、海底の小動物なんかをあさってます。
底生性ということと、ダイバーが目にするのは比較的小型の群れが多いということもあり、
ダイバーからはあんまり人気のないムレモノ。
だけど食べる方の業界では、本気で超のつく高級魚。
1匹1、2万することもあるんだとか。


P9110012.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-5m 水温:26℃ 全長:20cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の中層

銀色のボディに、背鰭・腹鰭・尾鰭・側線が黄色くなるのですぐに見分けがつきます。
体高が高いのも本種の特徴ですね。

普段は底層で砂の中にいる小動物を探して泳ぎ回っていますが、大型魚類に伴泳することも多いです。
本種に限らず、ジンベエザメが生簀に入るとこういった生物がたくさん生簀に入ってくるので非常に賑やかになってきます。
寄らば大樹の陰ってやつですね。


P6050008.jpg
撮影時期:2010/06 水深:-2m 水温:20℃ 全長:10cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:中層

マンボウランドでマンボウを撮りまくったあと、
そろそろ上がるか~と水面をパチャパチャしてたら出会いました。
まだまだ小さなステージでしたが、生簀の中をビュンビュンと泳ぎまわり、小ささもあって大撃沈。
これでもまだわかる写真なんです・・・・・・
こいつらがどんどん成長してジンベエまで居続けるとはねえ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

マアジ

Category : スズキ目アジ科
PC130042.jpg
撮影時期:2009/12 水深:-24m 水温:20℃ 全長:15cm 撮影者:DI
ポイント:タイヤ漁礁 環境:砂泥底のタイヤ漁礁

私の一番好きな食べ物・・・・・・アジの開き!
これほどうまいもんが他にあるだろうか。
ってなわけで、非常においしいお魚のマアジ。
波左間では何故かタイヤ漁礁でしか見たことないんですよね。
しかもここにいる群れはでかいでかい。
もうみんな捕まえて開いてしまいたい!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アイブリ

Category : スズキ目アジ科
P1280002.jpg
撮影時期:2011/01 水深: 水温: 全長:25cm 撮影者:DI
ポイント: 環境:

イワシの中に混じって、存在感抜群なコイツ、ブリっぽいけどブリじゃないってことで、アイブリ。
幼魚の頃はかなり魅力的な模様をしているようですが、大きくなるとこんな地味な感じになっちゃいます。
水中で出会えることはまずないかなあ。
というか多分こいつだとは気づかないだろうなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。