スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユウダチタカノハ

Category : スズキ目タカノハダイ科
P8260350.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-20m 水温:20℃ 全長:30cm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁

タカノハダイやミギマキよりも深い水深を好むようで、お花畑やニューパラダイスでよく見かけます。
個体数はそのふたつよりずっと少なく感じます。

見た目の特徴は、タカノハダイより黒を濃くして、尾鰭から斑点を取った感じ。
口が赤くなく、尾鰭に斑点がなかったら本種といっていいでしょう。

それにしても『夕立鷹羽』なんて雅な名前、こいつにはもったいねえなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

タカノハダイ

Category : スズキ目タカノハダイ科
P1020107.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-7m 水温:17℃ 全長:30cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

図鑑を作成するのに写真がなくて困ることは2種類あって、まずひとつは稀種・珍種と呼ばれるもの。
そしてもうひとつがこいつのような普通種。
全然興味もないから今まで撮り溜めたストックの中にはないし、いざ水中で見かけても、
「ま、いつでも撮れるし今度でいいか」なんて後回しにされてしまいがち。
で結局こんな青カブリの中途半端写真しか残らないわけで。

近似種との違いは口が赤くならないこと、尾鰭に白い斑点があること。
なお、ダイバー、釣り人両方から不人気であるにも関わらず、
名前の由来は体表の縞模様が鷹の羽に見えることから。
なんというかっこいい由来。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ミギマキ

Category : スズキ目タカノハダイ科
P1090041.jpg
撮影時期:2011/01 水深:-22m 水温:15℃ 全長:25cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底のコンクリート漁礁

海の中で黄色い魚を見ると、カゴカキダイしかりコガネスズメダイしかり、
きれいでうれしいもんなんですが、こいつはちょっと別。
なんかあんまりきれいじゃないんですよね。

タカノハダイと良く似ていますが、口が赤くなること、尾鰭に白い斑点がないことが特徴。


P1090040.jpg
撮影時期:2011/01 水深:-22m 水温:15℃ 全長:30cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底のコンクリート漁礁

このときはなぜか大量の本種が渦巻いてまして、そこらじゅうでケンカを繰り広げていました。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。