スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウスボヤsp-2

Category : ホヤ・サルパ
P1130285.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-7m 水温:14℃ 高さ:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:ドリーム 環境:中層のブイ

よくわからん・・・
カイメンの上に付着してるのか、このカイメンっぽいのすら体の一部なのか・・・

スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

サルパsp-4

Category : ホヤ・サルパ
P9230132.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-3m 水温:24℃ 個虫の全長:6cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:表層

黒潮と大潮の重なったものすごく「イイ潮」の時に流れて来ました。
サークル状に連結したサルパの群体。
もう理解の範囲を超えてる・・・
なんやねんコレー!?
もうわけわからんわー!

モモイロサルパもこういうサークルになることもあるらしいけど、
下部に鈎状の器官があるんでまったく別の種類だと思われます。
わっけわからん!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

サルパsp-3

Category : ホヤ・サルパ
P9230073.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-3m 水温:24℃ 全長:4cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:表層

黒潮と大潮の重なったものすごく「イイ潮」の時に流れて来ました。
詳細不明。
だけどなんか白くて硬そうなイメージ。
なんとなくカメっぽいからカメサルパってことにしよう。うんそうしよう。
ほんまわけからんわあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

サルパsp-2

Category : ホヤ・サルパ
P9230064.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-3m 水温:24℃ 全長:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:表層

黒潮と大潮の重なったものすごく「イイ潮」の時に流れて来ました。
詳細不明だけど、なんか体の下の方に白くて丸いもんがついてます。
そしてウミノミがいっぱい。
キモっ!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

サルパsp-1

Category : ホヤ・サルパ
P9230056.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-3m 水温:24℃ 全長:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:表層

黒潮と大潮の重なったものすごく「イイ潮」の時に流れて来ました。
体の中にある渦巻状の器官が印象的。
最初モモイロサルパの連結個虫がちっちゃいままくっついてるのか思ったけど、それはなさそう。
周りを見回したら結構な数が泳いでました。
でもやっぱこの時以外では会えないんだよなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒカリボヤ

Category : ホヤ・サルパ
P9230167.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-5m 水温:24℃ 群体の長さ:20cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:表層

小さな個虫がくっついて大きな群体を作るタイプのサルパ。
ちゃんとした群体は丸い筒状になるらしいんだけど、
ダイバーが目にするときにはたいてい色んな魚に貪られてこんな無残な姿に。
このときもカワハギにおもいっきり食われてました。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

モモイロサルパ

Category : ホヤ・サルパ
P9020195.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-3m 水温:25℃ 個中の高さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:パラダイス 環境:表層

黒潮がぶつかった、大潮の上げ潮でブン流れているときに、大量に流れてきていました。
ひとつひとつの個虫がいくつもつらなって、長~い群体を作って遊泳しています。

この日初めて見たんだけど、こういうナガレモノは一期一会って感じですごい心惹かれます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

マメボヤsp-1

Category : ホヤ・サルパ
P6100021.jpg
撮影時期:2012/06 水深:-10m 水温:20℃ 高さ:2cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:転石の裏

薄青くてとてもきれいなホヤ。
うっすらと脊索が見えているので、ほやであることは間違いないでしょう。
これにエビでも乗ってたら最高じゃ~ん。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ミゾレボヤ

Category : ホヤ・サルパ
P6240068.jpg
撮影時期:2012/06 水深:-12m 水温:20℃ 体長:5cm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:コンクリート漁礁の陰

高根の漁礁に行くと、ブロックが入り組んで光が入りにくいところにある隙間によくくっついています。
乳白色の半透明のからだで、けっこうきれい。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シトネボヤsp-2

Category : ホヤ・サルパ
P6240067.jpg
撮影時期:2012/06 水深:-15m 水温:20℃ 高さ:1cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁の陰

オレンジ色がきれいなシトネボヤの一種。
この群体はちょっとわかりずらいけど、子中の穴が星形をしているのですごくかわいらしいんです。
きれいな星形をしているのを見つけたら、写真に撮ってみるといいですよ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シトネボヤsp-1

Category : ホヤ・サルパ
P6240085.jpg
撮影時期:2012/06 水深:-10m 水温:20℃ 高さ:0.5cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:転石の裏

こういうタイプのやつは、ホヤなんだかカイメンなんだか一目で分かりずらいから困りもの。
決め手は穴の数かな? ホヤは個中の数だけ穴があるから、穴だらけなのが多いはず。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イタボヤsp

Category : ホヤ・サルパ
 P6030173.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 群体の大きさ:3cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯の堤防

無色透明な寒天質の中に、花紋状に個虫が並んでいます。
よくよく周囲を調べてみると、けっこうそのへんでたくさん見つかりました。

淡水域で見られるオオマリコケムシと一見似ているけど、全く別物です。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオサルパ

Category : ホヤ・サルパ
DSC04542.jpg
撮影時期:2012/04 水深:-20m 水温:19℃ 全長:20cm 撮影者:DI
ポイント:新漁礁 環境:砂泥底の中層

新漁礁にENして一気に海底を目指していくとき、中層を漂っていました。
わかりづらいけど、体の末端部分に褐色の足のようなものがあります。

ホヤのなかまは尾索といって、脊椎に近い器官を持つ高等な生き物らしいんですけど、
この写真を見ると体の中心に一本の軸が通っているのがよくわかりますね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ナガヒカリボヤ

Category : ホヤ・サルパ
P1010183.jpg
撮影時期:2012/01 水深:-18m 水温:17℃ 全長:40cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

ごくたまに会える遊泳性のホヤ。
個人的な経験だと、冬の黒潮がブンブン流れ込んでくるときによく見かける気がします。
サカナたちの格好のエサらしく、このときもカワハギにつんつんつつかれていました。
マンボウもこいつをよく食べるらしいですよ。


P1010188.jpg
撮影時期:2012/01 水深:-18m 水温:17℃ 全長:40cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

名前の通り、共生する発光バクテリアの力で光るらしいんだけど、
昼間の水中では光ってるのかよくわかりません。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ワモンクラベラ

Category : ホヤ・サルパ
PC150042.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-18m 水温:17℃ 高さ:3cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:コンクリート漁礁

沖縄とか暖かなところにしかいないと諦めていたのに、ついに発見!
でもかなり数は少ないようですね。
半透明で薄青い体色がとてもきれいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シロウスボヤ

Category : ホヤ・サルパ
PA300270.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-14m 水温:24℃ 群体の厚さ:1.5mm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:岩礁

比較的浅場の岩礁やコンクリの陰になっているような部分によくついています。
この手の生物は情報が少ないからなかなかコレダッて名前がわからなくて苦労します。
ホヤの仲間は小さい穴が無数にあいているんですが、よく見るとコレが星形だったりしておもしろいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シロボヤ

Category : ホヤ・サルパ
P6050004.jpg
撮影時期:2010/06 水深:-8m 水温:20℃ 高さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のガイドロープ

浅場ではいたるところに生えているやつ。
乳白色が水中ではまぶしいぜ!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イタボヤ

Category : ホヤ・サルパ
P6050005.jpg
撮影時期:2010/06 水深:-8m 水温:20℃ 高さ:1cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のガイドロープ

くすんだオレンジ色をしたホヤ。
石だのフジツボ殻だのなんにでもつくけど、群体が薄いからイタボヤ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ベニボヤ

Category : ホヤ・サルパ
P5010031.jpg
撮影時期:2011/05 水深:-18m 水温:16℃ 大きさ:7cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

体は白色透明、それに薄紅色の筋膜が透けて見えるのでベニボヤ。
岩礁や海中のブイなど、いろんなところに付着しています。

体内に多量の水をためこんでいるため、強く押すと出水口からチューッと勢いよく水が飛び出します。


P4140004_20130419174021.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-18m 水温:17℃ 大きさ:3cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:岩礁

まだ若くてきれいな個体。
ホヤはきれいなのはほんときれいだよな~。
単体でも被写体として十分な魅力を持ってます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウスボヤsp.1

Category : ホヤ・サルパ
P5010078.jpg
撮影時期:2011/05 水深:-24m 水温:16℃ 高さ:2cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:コンクリート

ドハデ~でドクドクし~色合いのホヤ。
生物探索中にコイツがチラっと視界の隅に入ると、ムムム、変なウミウシかっ!
と一瞬期待が膨らむけど、結局ホヤでがっかり。何度騙されればわかるんだろう。

コンクリートブロックの側面なんかによくついています。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。