スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトヒメゴカイ

Category : ゴカイ
PA140126.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-18m 水温:24℃ 体長:15cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:、砂地の漁網の下

あの有名な乙姫様に対して失礼すぎる。
こんなものがお姫様だなんて断じて認めません。

よく目立つ足を盛んに動かして、イモムシのように移動していました。
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イソゴカイ

Category : ゴカイ
PA120058.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-5m 水温:24℃ 体長:4cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:中層のブイ

ポイントに係留しているブイは、フジツボが大量についてくると重くなり、
台風など大しけの時に千切れ飛んでしまうことがるので、時に交換しなければなりません。
んで古くなったブイとロープを船に引き上げると、こんなものがいっぱいついてくる。

写真のように黄色っぽいもの、青っぽいもの、いろいろいました。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

クマノアシツキ

Category : ゴカイ
P7080026.jpg
撮影時期:2012/07 水深:-12m 水温:21℃ 全長:10cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:転石の下

浅場の転石の下にけっこうな数いるゴカイのなかま。
頭部に太短い触手を複数生やしていて、体がちょっと透けています。
透けた中に見えるやつはなんなんだろう? 砂礫かな?

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ゴカイsp

Category : ゴカイ
P6100005.jpg
撮影時期:2012/06 水深:-10m 水温:20℃ 体長:4cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:転石の裏

平たい体に、東部には数本の短い触手がありました。
転石をひっくり返すとこういう生物がたくさん出てくるけど、たいていは名前もわからないようなのばかり。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ガンゼキフサゴカイsp-1

Category : ゴカイ
P6030159.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-18m 水温18℃ 触手の長さ:1cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:ワタトリカイメンの胃腔の砂溜り

砂地ならいろんなところにいるんだけど、どうもワタトリカイメンや口の広いザラカイメンに溜まった砂に
いるのをよく見かけます。
たぶん、この中なら水が循環しててきれいだし、波の影響も少ないから安泰なんでしょう。
そんなのを好む微生物も集まってくるから食事にも困らなさそうだし。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

サンバンセツバサゴカイ

Category : ゴカイ
 P5200116.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 棲管の高さ:2cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

スーパーマクロアイで砂地を舐めるように睨んでいたら、透明な筒からヒョロヒョロと2本のひもが漂っている。
引っ込まれてはかなわんと思って慎重によってみたけど、全然引っ込むそぶりも見せずにひょろひょろと漂っていました。

棲管が透明なこと、節があること、非常に細いことから本種に同定してみました。


P5200119.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 棲管の直径:2mm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

よく見ると触手にもオレンジ色の模様が入ってきれいなもんですね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ミナミエラコ

Category : ゴカイ
P5200113.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 鰓冠の直径:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

砂地に棲んでいるゴカイのなかま。
フッサフサの鰓冠は南国の部族の羽飾りを彷彿とさせてなかなかエキゾチック。
なかなかきれいなヤツなんだけど、めちゃくちゃ敏感ですぐ引っ込んじゃうから写真に撮るのも一苦労。
たぶんケヤリムシの仲間の中で一番臆病者だと思います。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

タマシキゴカイ

Category : ゴカイ
P5200007.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 大きさ:2cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:干潟

干潟をてくてく歩いていると、いろんなところにぶよぶよした物体が落ちている・・・・・
なんかの卵だってことはわかるけど、なんのだろう?
家に帰って早速『干潟 ぶよぶよ 卵』で検索! イッパツで出てくるこのすごさ。
タマシキゴカイの卵だそうだけど、ゴカイって卵嚢で産む種類もいるんですね。
だいたい浮遊卵だと思ってました。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウミケムシ

Category : ゴカイ
P1010248.jpg
撮影時期:2012/01 水深:-7m 水温:17℃ 全長:12cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

あああああああ気持ち悪いいいいいいいいい!
しかもでけえええええええええ!

砂地をウネウネ這い回ってたウミケムシ。
5cmくらいのを想像してたのに、すっげえでかい。
見るからにやばそうだし勘弁してほしいです・・・・・・

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

カキモトシリス

Category : ゴカイ
PC110045.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-14m 水温:18℃ 全長:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:岩礁のムラサキカイメン

めちゃくちゃきれいなゴカイを発見!
ナニコレ、ありえへんやろ~~?
紫とピンクでめっちゃ美しい。
これがゴカイだなんて信じられないわ。


PC110051.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-14m 水温:18℃ 全長:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:岩礁のムラサキカイメン

※Juliaさん、紅芋さんに情報をいただき、カキモトシリスと判明いたしました!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウロコムシsp

Category : ゴカイ
PC110076.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-5m 水温:17℃ 全長:5cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:ブイのフジツボ殻

ブイについたフジツボ掃除をしていたら出てきました。
この手の生物は苦手っていうかハッキリ嫌いなんだけど、図鑑のためならしゃあない!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

チンチロフサゴカイ

Category : ゴカイ
PB100073.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-5m 水温:23℃ 全長:10cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:岩礁の転石の裏

岩礁の隙間に、よく紫色の糸がピンっと張ってある。
釣り糸? ビニール糸? なに? って感じでさわろうとすると、すいーーーっと引っ込んでいく。
ナンダコレー!? と思った方は結構多いんじゃないでしょうか。
その正体がコイツ。
石の裏や隙間に棲管を作っている大型のゴカイなんです。

20cmはあろうかという棲管を崩してみたら、イモムシみたいな気持ち悪い本体が現れました。
30秒くらいウジャジャジャジャー! と暴れまくった挙句、動かなくなってしまいました。
にしてもキショイなコイツ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ミズヒキゴカイ

Category : ゴカイ
PA230189.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-3m 水温:24℃ 全長:10cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁の転石の裏

浅場の砂の中からクルクル丸まった糸がでていたらコイツ。
全身は誰も見たことがないという・・・・・・

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ハナオレウミケムシ

Category : ゴカイ
PA130093.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-7m 水温:24℃ 全長:6cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

比較的浅い砂地の転石をひっくり返すとかなりの確率で出てくるきもちわるいやつ。
気持ち悪いうえに、毛には毒があるので要注意!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒトエカンザシ

Category : ゴカイ
PA150112.jpg
撮影時期:2010/09 水深:-2m 水温:25℃ 鰓冠径:10mm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁の転石の裏

潮干帯から深海まで、いたるところに生息している種類だそうで。
ゴカイっていうと、ふつうの人からしたら釣り餌のあの気持ち悪いヤツって印象しかないですが、
こいつらを心底愛する変態ダイバーってのもいるわけです。
私はそこまでアブノーマルじゃあないけれど、こいつはけっこうきれいだと思いません?

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イバラカンザシ

Category : ゴカイ
PC190009.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-3m 水温:18℃ 鰓冠径:20mm 撮影者:DI
ポイント:波左間島 環境:岩礁のコモンサンゴ

波左間は北すぎて見られないのかな、とずっと思っていた本種。
なんのことはない、浅い場所にはちゃんと生息していました。
波左間ではコモンサンゴ1種のみとホストが限られているので、
生息数自体は少ないようですがホストがあればほぼ確実に着生しています。
色彩変異は非常に多く、赤・黄・青・灰など様々なバリエーションが楽しめる、
ゴカイ界きってのスーパーアイドル。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ケヤリムシ

Category : ゴカイ
PC050200.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-12m 水温:18℃ 鰓冠径:40mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

近海で見られるケヤリの仲間ではいちばん普通種。
そして一番ジミ~な種。
岩礁でよく見られますが、時たま砂地にも進出しているようです。


P1200229.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-11m 水温:14℃ 鰓冠径:40mm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:岩礁

きれいなタイプのケヤリムシ。
やっぱ黄色が入ると一気にゴージャスになるなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。