スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミウシsp

Category : ウミウシ
P5120541.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-5m 水温:20℃ 体長:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:ドリーム 環境:セスジミノウミウシの上

正体不明のウミウシ?
触角らしきものはあるけど、どうなんだろう?

いた場所は中層に浮いてるブイなんだけど、
セスジミノウミウシにくっついてたのは偶然なのかどうなのか?
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

クロコソデウミウシ

Category : ウミウシ
P5040290.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-10m 水温:18℃ 全長:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:ブイのコケムシ

浅場のコケムシを丹念に探すとよく出てきます。
ぱっと見黒くて見栄えしないんだけど、アップで撮影すると黄色いポイントが
アクセントになってとてもきれい。
やたらツノが多いのも魅力ポイントです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

クロヘリアメフラシ

Category : ウミウシ
P4290131.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-16m 水温:17℃ 全長:2cm 撮影者:駄犬
ポイント:ドリーム 環境:岩礁の海藻

普通は-5mくらいの浅場に多いんだけど、この深度で見るのは初めて。
体色には個体差がありますが、ビラビラを縁取る濃色の模様が同定の決め手。

アメフラシのなかまの中では小型なので、まだ愛嬌があって写真栄えもします。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

サガミアメフラシ

Category : ウミウシ
P5180010.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:16℃ 体長:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:海藻の上

アメフラシの中では規格外にきれいだから、俺お前のこと好きよ。
特徴は淡色であることと、背中のビラビラがクルっと丸まって2本の煙突のようになってること。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ツノザヤウミウシ

Category : ウミウシ
P5190070.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-24m 水温:17℃ 体長:3cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底

これこれ、こういうウミウシを待ってたんよー。
有名なフデフリツノザヤウミウシほどの知名度はないけど、こっちの方が断然きれいですよね~。

でも問題なのは、砂泥底に生えたコケムシを常食にしているらしくて、
かなり遭遇率が低く激レアな点。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

シラユキモドキ

Category : ウミウシ
P5190013.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-18m 水温:17℃ 体長:8mm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁の海藻の上

シラユキモドキって、ほな眠り姫かい! っていうつっこみはどうでもいいんです。
肉眼で見ると体色が真っ白にしか見えなくてどうにも地味なんだけど、
写真に撮ると触角や体のふちがオレンジ色でなかなかきれいです。

シラユキウミウシとの違いは、本種は背面に触角と同色の斑点がないこと。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ロマノータス・ウェルミフォルミス

Category : ウミウシ
P5180025.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-18m 水温:17℃ 体長:2cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地の海藻

あーもーウミウシの学名は舌かみそうで嫌になります

春先に多いらしいんだけど、見つけてもあんまうれしくない。
でもこれの仲間で赤いタイプのはすごい人気あるらしいです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

クロシタナシウミウシ

Category : ウミウシ
P4270054.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-0.5m 水温:18℃ 体長:3cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:コンクリートブロック

船着場で捕まえたウミウシ。
どうやら浅場に多いウミウシらしいです。

地味な上にヒラヒラがなんとなく気持ち悪いんだよなあ。
ノーセンキューです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ミドリアマモウミウシ

Category : ウミウシ
P4060020.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-18m 水温:17℃ 体長:3mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地のクロミル

数はいる。
数はいるんだけど、非常~~~に小さいため、こいつのことを知ってないと見つけるのはまず無理。
私自身自分で見つけるまでこんなに小さいとは思っても見なかった。

小さすぎるので、もちろん見せられる人にも制限があります。
100mmくらいか、コンデジでもマクロレンズ2枚重ねくらいじゃないと太刀打ちできない・・・

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ノトアリモウミウシ

Category : ウミウシ
P3170469.jpg
撮影時期:2013/03 水深:-18m 水温:16℃ 体長:5mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁の海藻の上

今まで出会ったウミウシの中で最も美しいと記憶に鮮明なウミウシです。
とても小さいけど、紫のグラデーションが印象的で、まるで和菓子のよう。

こういうウミウシは、きっと気づかないだけで足元にたくさんいるんだろうけど、
偶然が見方をしてくれないと私には見つけられない。
ウミウシとは一期一会とはよく言ったもんです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ミレニアムマツカサウミウシ

Category : ウミウシ
P3070486.jpg
撮影時期:2013/03 水深:-14m 水温:16℃ 体長:2cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のガヤ

岩礁に生える大型のガヤの幹にくっつくウミウシ。
きれいじゃないから人気はない・・・

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

サクラミノウミウシ

Category : ウミウシ
P3070482.jpg
撮影時期:2013/03 水深:-15m 水温:16℃ 体長:6cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のオウギウミヒドラ

ガーベラミノウミウシと姿かたちも生息域もよく似ているウミウシ。
本種はミノの先端が丸くならずにとがっているのが特徴です。

薄い桜井色でなかなか美しいウミウシ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ドリディダエsp.3

Category : ウミウシ
P4140006.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-12m 水温:17℃ 体長:5cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁の岩穴

俗称でクレープウミウシと呼ばれているやつ。
平べったくてヒダヒダしてるもんだから、最初はヒラムシが何匹かくっついてるのかと思ったんだけど、
時間を空けて見に行ってみたら二次鰓が引っ込むところが見えたのでウミウシと断定。
この個体は黄色い斑点が非常にきれいなやつでした。

そういえば、一時期ウミウシだと甲殻類だのの図鑑出版ブームがあったけど、
最近はあんまり見かけないですね。
こういう正式な分類が決まってないやつが、一般に周知されるのはいつになるんだろう。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アマクサアメフラシ

Category : ウミウシ
P3170499.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:17℃ 体長:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のクロミル

アメフラシのご他聞にもれず、春になると浅場に増えてきます。
THEアメフラシとの見分け方は、

・白い汁を出すこと
・背中のビラビラが後端でつながっていること

けど白い汁なんて出すとこみたくねえよおおおお。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒラミルミドリガイ

Category : ウミウシ
P4050679.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:17℃ 体長:1cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のクロミル

こんな名前のくせしてヒラミルについてるの見たことないよ?
特徴的な外見tと、ミルにつくという習性から本種と見分けるのはすごく簡単。
ただあんまり面白みのないやつだから、バックの処理を考えるといいかも。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

シロイバラウミウシ

Category : ウミウシ
P1310350.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-17m 水温:14℃ 体長:8mm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁

ナマコが転がってたからエビでもついてないかなあ、と探してみたらウミウシが乗ってました。
なんなのこれ。
まあコイツにしてみればそのへんの石もナマコも変わんないよね。

小さくてきれいなウミウシです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アズキウミウシ

Category : ウミウシ
P1130298.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-7m 水温:14℃ 体長:1.5cm 撮影者:駄犬
ポイント:ドリーム 環境:中層のブイ

中層に浮かんでるブイには割りといろんな生物がくっついてます。
ニジギンポやカエルウオなんかは有名どことだけど、ウミウシの類も探せばけっこういたりなんかして。

ドリームは深くて減圧停止も出やすいから、私はけっこうみんなより早めに浮上することが多く、
そんな暇つぶしを中層ブイでしていると、まあまあいろいろ出てくるわけです。
もっときれいなのが出てきたらいいのに。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ナマハゲミノウミウシ

Category : ウミウシ
PC160307.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-20m 水温:14℃ 全長:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:エナガトゲトサカ

高根の北にある人がめったに行かない腐れ土俵にいました。
真っ赤な顔、逆立った白い触手がまさにナマハゲ。
この名前をつけた人は素晴らしい!

どうやら、エナガトゲトサカに生えるハナヤギウミヒドラを常食としているらしいです。
こいつがいると、どんどん幹がきれいになっていく。


P5190063.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-24m 水温:17℃ 全長:51m 撮影者:駄犬
ポイント:ニューパラダイス 環境:エナガトゲトサカ

ちっちゃい個体を発見。
名前のイメージから勝手に北方系ウミウシだと思ってたけど、この時期に出るならそんなことないようです。

それにしても、トサカにとってはヒドラを食われるのはうれしいことなのか迷惑なことなのかどっちだろう。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

キャラメルウミウシ

Category : ウミウシ
PC300111.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-14m 水温:14℃ 全長:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境岩礁の穴

水温も下がってきてそろそろウミウシの季節かー? と壁を舐めるように見ていたら、
ぽっかり開いた穴の中に見つけました。
コケムシやホヤがいっぱいあるけど、どれを食べているんだろう。

大きくなるとまさにキャラメル色な本種ですが、小さいうちはまだそこまでではないよう。

で、こいつ見つけてから2ヶ月、ずっと同じ穴にいるんですけど。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

コチョウウミウシ

Category : ウミウシ
P1010080.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-7m 水温:15℃ 全長:4cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のノコギリモク

色合いはアメフラシみたいでイマイチなんだけど、コチョウウミウシという名前の通り、
非常に美しい造詣をしています。
刺激を受けたときには背中のビラビラを左右に広げ、まさに蝶の様!

ホストにしている海藻とそっくりなので、見つけるにはかなりの目が必要です。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。