スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミエラsp

Category : ソフトコーラル
P5260135.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-24m 水温:20℃ 高さ:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:砂地

高根の深場へ降りていくとたまに見かける貧相なウミエラ。
ふつうに見られるヤナギウミエラとは違うと思うんだけど、
名前なんていうんだろう?
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

イボヤギ

Category : ハードコーラル
P4290117.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-18m 水温:16℃ 高さ:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のオーバーハング

波左間に生息する陰日性サンゴの中でも、最も光を嫌うタイプ。
たいていオーバーハングの奥まった天井についているので、
なかなか見る機会が少ないです。

ピンク色の共肉と黄色いポリプがきれいです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アミメサンゴ

Category : ハードコーラル
PA210077.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-21m 水温:22℃ 高さ:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁

ちらほらと数のあるサンゴです。
なんか表面がボコボコした感じ。


PA210078.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-21m 水温:22℃ 高さ:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁

表面の拡大。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

キクメハナガササンゴ

Category : ハードコーラル
P9130010.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-23m 水温:24℃ 高さ:3cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁

サンゴのなかまは分類を調べるのが難しい!
似ている仲間をみつけても、う~んコレほんとに合ってるのかなあ? と不安になります。
間違って南国にしかないような名前を付けたら恥ずかしいし。
でもいるもんはいるんだからしょうがないか。

コイツなんてこんな深さについてて、よくこれほど成長できたな、って具合です。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

キッカイソギンチャク

Category : イソギンチャク
P8300128.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-6m 水温:28℃ 直径:10cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の隠れ根

砂交じりの岩礁や、砂地にある小さな根の近くを好んで生えるイソギンチャク。
ピッピッと触手を動かして上に載ったものを払いのけたりするので、観察してみても面白いかも。

暖かい地方に行くと、本種にもクマノミがついてるけど波左間でこいつに魚が共生しているのは見たことないな。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ススキカラマツ

Category : ソフトコーラル
P8300015.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-22m 水温:20℃ 高さ:40cm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁

図鑑だと本州中部以南に分布とあるので、波左間では珍しい種類。
実際この場所でしか確認していません。

一見すると海藻のようにも見えるけど、よく見るとポリプがあって、触った感じはカラマツ系のそれ。
ソフトコーラルは卵が流れてきても、成長するのに時間がかかるから、大事にしたいですね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

陰日性サンゴsp

Category : ハードコーラル
P6100009.jpg
撮影時期:2012/06 水深:-10m 水温:20℃ 高さ:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:転石の裏

転石の裏から出てきたオレンジ糸できれいな物体。
表面から触手をたなびかせていて、触るとそれをひっこめたので、サンゴのなかまであると思われます。
触った感じは硬く石のようでした。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ミドリイソギンチャク

Category : イソギンチャク
P6030163.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 体盤の直径:2cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:潮干帯の岩礁

体盤のまわりに緑色の斑点がたくさんある小型のイソギンチャク。
きれいな個体だと斑点が蛍光色になるみたいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

タテジマイソギンチャク

Category : イソギンチャク
P5200105.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 触手環の直径:2cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂マメタワラの茎

たいていは磯で見かけるんだけど、こんなところにもよくついています。
体幹に縦縞があるのが特徴。
こういうどストレートな命名には好感が持てますね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウメボシイソギンチャク

Category : イソギンチャク
P5170150.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 体幹の直径:3cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:タイドプール

まっかっかやねー。
さすがウメボシイソギンチャク。
これが縮こまってると、ほんと梅干しみたい。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

マダラハナギンチャク

Category : イソギンチャク
P5170077.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-18m 水温17℃ 触手環の直径:20cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地

ムラサキハナギンチャクに似ているけど、触手がまだら模様なのが特徴。
ムラサキハナギンチャクにもまだらなヤツがいるけど、それよりもっとはっきりと模様が出ていますね。
個体数もずっと少ないし、若干小型。

高根とお花畑の中間の砂地を徘徊しているときに見つけました。
ん~見慣れてないってもあるけど、けっこうきれいな生き物ですね~。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヨロイイソギンチャク

Category : イソギンチャク
DSC04559.jpg
撮影時期:2012/04 水深:-0m 水温20℃ 触手管の直径:3cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯のタイドプール

潮干帯下部やタイドプールなどの磯に生息するイソギンチャク。
体自体には特にこれといった特徴はないんだけど、体表に小石や貝殻片をたくさんつけているのが最大の特徴。
この武装にはどんな意味があるんだろう?
ただの擬態かな? でもイソギンチャクを食べる生物なんて聞いたことないしなあ。

DSC04556.jpg
撮影時期:2012/04 水深:-0m 水温20℃ 触手管の直径:3cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯のタイドプール

水が干上がると触手を丸め込むので武装をしている様子がよくわかります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

トゲトゲトサカ

Category : ソフトコーラル
DSC04545.jpg
撮影時期:2012/04 水深:-5m 水温:19℃ 高さ:15cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:中層のブイ


トゲトサカの中でも、浅いところを好む種類。
なので、中層にあるブイとか岩礁のトップ付近についていることが多いです。
暖かい地域だと、浮桟橋みたいなところの潮下帯付近についていることも多いので、水面からでも観察できます。

ポリプは幹の根元の方からかなり密になって生えていて、ギュギュっと圧縮されたような見た目になっています。
浅場特有の明るい水と相まって、とてもきれいに見えるトサカ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オヨギイソギンチャク

Category : イソギンチャク
P1010233.jpg
撮影時期:2012/01 水深:-7m 水温:17℃ 盤長:1cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

海藻や漁網なんかにいっぱいついてる小型のイソギンチャク。
一瞬見るとウミウシか? と思うけど、全然違ってガックシ来ちゃうヤツ。
名前の通り、触手を使って泳ぐそうです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

チヂミトサカsp-2

Category : ソフトコーラル
PC250007.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-24m 水温:17℃ 高さ:25cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底のコンクリートブロック

一見するとウミトサカに見えるけど、ポリプにも骨片が入ってかたくなるので、トゲトサカのなかま。
薄いオレンジ色のポリプは水中でよく目立つうえにきれい。
色の淡さも、水中写真の背景向き!


PC250008.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-24m 水温:17℃ 高さ:8cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底のコンクリートブロック

ポリプが退縮したところ。
たしかにかたそう。



PC250010.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-24m 水温:17℃ ポリプの大きさ:1mm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底のコンクリートブロック

ポリプのアップ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イソハナビ

Category : ソフトコーラル
PC250003.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-24m 水温:17℃ 高さ:20cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:砂泥底のコンクリートブロック

イソバナと似ているけども、もっと深い水深に生えているソフトコーラル。
棒の上に丸っこいポツポツが乗ってるような感じに見えるのが違いかな?
ちょうどトゲナシヤギみたいな感じ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ムチヤギ

Category : ソフトコーラル
PC150024.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-20m 水温:17℃ 高さ:1m 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁

ムチカラマツと同じようなところについてるけど、ずっと数は少ないです。
色はオレンジで、ポリプは小さく目立ちません。
よくガラスハゼのなかまがついています。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アサノエダサンゴ

Category : ハードコーラル
PC180153.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-15m 水温:17℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のオーバーハングの天井

褐虫藻を持たないサンゴなので、日の当たらない岩陰やオーバーハングの天井に着いています。
褐虫藻を持たないということは、骨格が白色なままに保たれるのが特徴になります。
だからこんなにきれい!


PC110055.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-15m 水温:17℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のオーバーハングの天井

オレンジ色。

PC110056.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-15m 水温:17℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のオーバーハングの天井

紅色。
いろんな色があります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ニチリンイソギンチャク

Category : イソギンチャク
PA230216.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-11m 水温:24℃ 触手環の直径:20cm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:岩礁の砂溜り

波左間じゃ珍しい部類に入るイソギンチャク。
そのへんに生えてるイソギンチャクと違い、触手からいっぱい突起が生えてるのが特徴。
日輪なんてなかなかいい名前をつけたもんです。


PA230218.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-11m 水温:24℃ 触手環の直径:15cm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:岩礁の砂溜り

こういうワサワサ系の触手は触れたらヤバそうなイメージがあるけど、本種の毒はそれほど強くないようです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

サンゴsp

Category : ハードコーラル
PA230204.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-2m 水温:24℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁

ビーチの浅場の一部分にのみ群生していました。
アワサンゴの若い群体なのかなあ。

PA230206.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-2m 水温:24℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁

アップにしてみたところ。
でもアワサンゴって感じのポリプじゃないなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。