スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカマテガイ

Category : 二枚貝
P1310326.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-7m 水温:12℃ 殻長:2.5cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

一見するとあれー付け爪? って感じの貝が落ちてました。
kudamakiさんの情報により、本種と判明。

これ東京湾ではけっこう貴重な貝らしいけど、本当のところはどうなんだろ?
採集者がいないところでは普通に生息してたりして?
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

コヅツガイ

Category : 二枚貝
P1310327.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-7m 水温:12℃ 殻長:6cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

季節はずれの大型低気圧の後に、掘り出されていました。
この外見から、ツノガイのなかまだと思ってたんですが、実は全然違うらしい。
kudamakiさんから、
本種の棲管だと教えていただきました。
え? 棲管って・・・て調べてみたら、
本体はちゃんと2枚の貝殻を持ってて、それがさらにこの円錐状のものに入ってるらしい。
う~ん、やっぱ海はすごい生き物が多いなあ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

シロチョウウグイスガイ

Category : 二枚貝
P7080039.jpg
撮影時期:2012/07 水深:-16m 水温:21℃ 殻長:1cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地のシロガヤ

わーいついにいたぞシロチョウウグイスガイ!
ウグイスガイの中では規格外にきれいだし、ガヤにつく変わり種。
ずっと探してたんだけど2010~2011年は一個も見つけられなかったんです。
ところが2012年の夏に入ったら、いるわいるわ、そこらへんにいっぱいついてる。
んーどういうこと?


P7080038.jpg
撮影時期:2012/07 水深:-18m 水温:21℃ 殻長:8mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地のガヤ

黄化個体。
あんまり見かけないはずなんだけど、こっちのタイプもいっぱい出てるなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

トリガイ

Category : 二枚貝
P5200037.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻幅:4cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:干潟

干潟ではふつうに見られる貝。
殻は強く膨らみ、放射状に筋が走り、蝶番のあたりに群雲模様が入るのが特徴。
けっこう味は良いらしいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ニシキガイ

Category : 二枚貝
P5170166.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻長:7cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:

波にさらされていた期間が長かったのか、けっこう削られちゃってるけど・・・・・・
ヒオウギガイなんかと同じイタヤガイ、ちょっとガタガタで整ってないやつ。
それでもこの紅色はなかなかきれいですねっ!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イタヤガイ

Category : 二枚貝
P5170105.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-20m 水温17℃ 殻幅:4cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地

砂地によく落ちている二枚貝。
片側は写真のように大きく膨らみ、反対側はまったいらになっている特徴的な外見。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イタヤガイsp-2

Category : 二枚貝
PC110088.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-18m 水温:17℃ 殻幅:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:コンクリートブロックの隙間

鳥居のすきまにくっついてた貝。
紫色の触手と、パールシルバーの軟体がすっごいきれいなんだけど、種類不明。
貝殻の放射肋を見る限りヒオウギガイのなかまっぽいんだけど、ヒオウギガイなら目があるしなあ。
最近よくわからないページが増えてきたぞ・・・・・・

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イタボガキsp

Category : 二枚貝
PC250037.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-18m 水温:17℃ 殻幅:6cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:コンクリート漁礁

やや深場の、暗くなるような場所によくついている貝。
殻口が鋭くて、何度コイツで手を切ったことか・・・・・・

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

トサカガキ

Category : 二枚貝
PC250034.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-18m 水温:17℃ 殻幅:10cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:コンクリート漁礁の側面

コンクリとかブイとか、硬いものによくついている大型のカキのなかま。
おもしろいくらいにギザギザしたこの殻口はいったいなんのためなんだろう?

人が近付くとシュっと殻口を閉じるもんだから、殻に着いたトサカが突然動いたように見えるんだよね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アコヤガイ

Category : 二枚貝
PC250032.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-14m 水温:17℃ 殻幅:6cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:コンクリート漁礁の天井

真珠貝として有名なあのアコヤガイ。
わりとそのへんに普通にいるから拍子抜け。
こいつも中に核を入れとけば真珠を作ってくれるかな?

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イタヤガイsp-1

Category : 二枚貝
PC310004.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-12m 水温:17℃ 殻幅:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:岩礁の転石下

転石の下から出てきた二枚貝。
蝶番の片側が小さいこと、放射肋が強いことが特徴なようです。
しかもこいつ泳ぐ! 殻をパクパクさせて、わずかですが泳いでいました。
もしかしたらなにかの幼貝で、足糸でまだ固着していないだけなのかも。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ハボウキガイsp

Category : 二枚貝
PC110058.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-18m 水温:17℃ 殻長:30cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地

ハボウキガイ科のなかまには違いないんだろうけど、どう考えてもちょっと四角すぎるだろ!
最初は鉄板か何かが刺さっているのかと思ったけど、口が閉じていったので、生物には間違いない。
う~ん、なんだこれ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウネナシトヤマガイ

Category : 二枚貝
PC110071.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-5m 水温:17℃ 殻長:3cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:ブイ

ブイについたフジツボ掃除をしていたら出てきた二枚貝。
なんでこんなところに? と調べてみたら、カキ殻なんかに足糸で固着する貝なんだそうです。
なるほどね、だからフジツボ殻から出てきたのか。

ブイ掃除をしていると、いろんな生物が出てきてコレだけで図鑑30種くらいかけちゃいそうです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ムラサキイガイ

Category : 二枚貝
PC180160.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-5m 水温:17℃ 殻長:5cm 撮影者:DI
ポイント:ドリーム 環境:ブイ

ブイや漁網なんかにくっつく濃い紫色の貝。
ダイビングでは完全無視されるこいつらですが、漁網やロープを重くするので漁業関係者からは嫌われています。
ただ、原産国のヨーロッパではムール貝として食用にされています。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

キヌタアゲマキ

Category : 二枚貝
PB100071.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-5m 水温:23℃ 殻長:2cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の転石の裏

図鑑サイトには貝殻に軟体を隠し切れない、とあるけどちゃんと隠せてるなあ。
しかも干潟なんかの砂泥底に棲息、ってあるけど、砂地の石の下だし。
まだ若い個体か、同科の違う種なのかな?

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ナガザル

Category : 二枚貝
PB130143.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-16m 水温:22℃ 殻長:7cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地

けっこう大型になる二枚貝で、縦に長い変わった形状をしています。
砂地に半分埋まるような形で潜っていたのを引っ張り出して撮影しました。

よく似たザルガイとの見分け方は、放射状の筋が本種の方が少ないことだそうです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

コタマガイ

Category : 二枚貝
PA300258.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-18m 水温:24℃ 殻幅:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁の砂溜り

岩礁にコロンと転がっていました。
アサリに似ているけど、幅が見るからに広く一見して別種であることはわかったけど、
調べてみるまで名前はわかりませんでした。

食べるとアサリ同様おいしいらしいけど、熱せられると殻が赤くなるんだそうです。
不思議ですね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イナズママメアゲマキガイ

Category : 二枚貝
PA130097.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-7m 水温:24℃ 殻長:1cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の転石下

ミノガイのなかまで、こいつも暴露されるとウネウネとよく動き回ります。
半透明の白い殻はけっこうきれいですよね。
浅場の転石の下で見られます。

声に出して言ってみよう!
さんはい!
「イナズマまめまめまみまい!」

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シラオガイ

Category : 二枚貝
PA130005.jpg
撮影時期:2011/10 水深:-18m 水温:22℃ 殻長:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂の中

着底したとき、偶然突っ込んだ指の先にあたった貝。
形はアサリにそっくりですが、一番似ているのはシラオガイだと思います。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

タイラギ

Category : 二枚貝
P5010002.jpg
撮影時期:2011/05 水深:-18m 水温:16℃ 殻長:25cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地

砂の中に半ば体を埋めていて、足糸で固いものに固着しているので引っ張り出そうとしてもそうとうな力が要ります。
殻口の方が大きく丸みをもつ三角形で、かなり大型になる種類。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。