スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラスカシガイ

Category : 巻貝
P5190016.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 体長:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:海藻の上

ものすごい貝殻の小さい貝です。
こんな外見だけど、分類上はウミウシではなく貝になります。

で特徴的なのが貝殻のてっぺんについた煙突のような管。
コレ何?
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ツマムラサキメダカラ

Category : 巻貝

P2030396.jpg
撮影時期:2013/02 水深:-16m 水温:14℃ 殻長:2cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

メダカラをgoogle画像検索で調べてたとき、一緒に出てきたもんだから間違えてメダカラに分類しちゃってた。
こういうところがネット同定の悪いとこです。

オレンジ色の外套膜、貝殻には同色の斑点があり、前後端に薄紫の模様が入るようです。
いつもながらこの写真じゃ判別できないけど・・・



A.S.Dさんに教えていただきました。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

クチグロキヌタ

Category : 巻貝
PB100067.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-5m 水温:23℃ 殻長:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:岩礁の転石の下

けっこう大き目の貝でした。
軟体の美しさはなかなかのもんですね。
特に頭部側の白い突起あたりがたまらん!


PB100062.jpg
撮影時期:2011/11 水深:-5m 水温:23℃ 殻長:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:岩礁の転石の下

貝殻の口部分が黒くなるのが特徴だそうです。
ただ、この写真だとわからん。


A.S.Dさんに教えていただきました。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アカマテガイ

Category : 二枚貝
P1310326.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-7m 水温:12℃ 殻長:2.5cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

一見するとあれー付け爪? って感じの貝が落ちてました。
kudamakiさんの情報により、本種と判明。

これ東京湾ではけっこう貴重な貝らしいけど、本当のところはどうなんだろ?
採集者がいないところでは普通に生息してたりして?

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

コヅツガイ

Category : 二枚貝
P1310327.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-7m 水温:12℃ 殻長:6cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

季節はずれの大型低気圧の後に、掘り出されていました。
この外見から、ツノガイのなかまだと思ってたんですが、実は全然違うらしい。
kudamakiさんから、
本種の棲管だと教えていただきました。
え? 棲管って・・・て調べてみたら、
本体はちゃんと2枚の貝殻を持ってて、それがさらにこの円錐状のものに入ってるらしい。
う~ん、やっぱ海はすごい生き物が多いなあ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ツマニケボリ

Category : ウミウサギ
PC160212.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-10m 水温:14℃ 殻長:5mm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁のイソバナ

ずっと探してたからめっちゃうれしかった~。
てか浅いとこにいてるんですわ、この子。
殻の両端が赤いのが特徴です。

ウミウサギはほとんど動かないから、いつでも見に行けるのがいいですね~。
リクエストもらったことないけど。


PC160208.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-10m 水温:14℃ 殻長:5mm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁のイソバナ

黄金色の色彩変異~。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

タツノコチヂワケボリ

Category : ウミウサギ
PC310259.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-12m 水温:14℃ 殻長:2cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁のオウギフトヤギ

ウミウサギハンターとしての会心の一種!
インドネシアなどではそこそこ見られても、国内で見られるのは非常に稀。
本州、こと房総で見つかるのは奇跡と言ってもいい代物でしょう。


PC310263.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-12m 水温:14℃ 殻長:2cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁のオウギフトヤギ

ウミウサギとしては変わった形で、肩部から殻先までがほとんど同じ太さの棍棒型。
比較的近い仲間のチヂワケボリと比べても一目瞭然です。
さらに、外縁部に溝があり、内唇がまくれあがったような印象を受ける。

外套膜も独特で、ホストと同色の地色に、大きさ・形状・分布ともに不規則なポリプ状突起が生えています。



ああー大好きなウミウサギのエントリーだとどうしてもマジメくさって書いてしまう!
なんでじゃーーーーー!!!

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒラフネガイ

Category : 巻貝
P9230165.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-6m 水温:24℃ 殻長:1.5m 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:貝殻の内側

死んだ巻貝の殻口の内側に、必ずと言っていいほどついています。
なんでわざわざこんなところにつくんだろうなあ?
外側でもいいだろうに、不思議。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

チグサガイ

Category : 巻貝
PA120050.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-6m 水温:24℃ 殻長:5mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のカジメの葉上

カジメなどの褐藻類の葉についている小さな貝。
カジメを持ってゆするとポロポロと落ちてきます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

シロチョウウグイスガイ

Category : 二枚貝
P7080039.jpg
撮影時期:2012/07 水深:-16m 水温:21℃ 殻長:1cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地のシロガヤ

わーいついにいたぞシロチョウウグイスガイ!
ウグイスガイの中では規格外にきれいだし、ガヤにつく変わり種。
ずっと探してたんだけど2010~2011年は一個も見つけられなかったんです。
ところが2012年の夏に入ったら、いるわいるわ、そこらへんにいっぱいついてる。
んーどういうこと?


P7080038.jpg
撮影時期:2012/07 水深:-18m 水温:21℃ 殻長:8mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地のガヤ

黄化個体。
あんまり見かけないはずなんだけど、こっちのタイプもいっぱい出てるなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ニシキヒザラガイ

Category : 多板類
P6240087.jpg
撮影時期:2012/06 水深:-10m 水温:20℃ 体長:4cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:転石の裏

漸深帯に生息するヒザラガイのなかま。
軟体部に不規則な群雲模様が出るのが特徴。
地味ながら、色彩変異がけっこう多いらしいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

巻貝sp

Category : 巻貝
P6030130.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-18m 水温:18℃ 殻長:0.3mm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のコナミウチワの葉上

いやいや、巻貝spってなんだよ、巻貝ってそら見たらわかんじゃん!
てことでなんなのかわからんです。
たぶん何かの稚貝だとは思うんだけど、大きさは砂粒より小さい感じ。
肉眼だと青い粒にしか見えませんでした。
ちなみに動きはけっこう速くて、コナミウチワの上を縦横無尽に歩き回っていました。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

クマノコガイ

Category : 巻貝
P6030184.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻高:1.5cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯の岩礁

磯で普通に見られる巻貝です。
この手の貝は湯がいて食べられるんだけど、こいつは磯玉狩りの外道扱いで全然採らなかった記憶があります。
さて、クボガイとよく似ているんだけど、本種の方が若干高さが低く、
てっぺんの渦巻き模様がわかりやすいことで区別できます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオヘビガイ

Category : 巻貝
P6030179.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻長:3cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯の堤防

ぐねぐねとのたうったような不定形の貝殻を基質に固着させている巻貝。
潮が満ちると、殻口から粘液質の糸を放出してプランクトンを摂餌するそうです。

コレ、実はけっこうおいしいんだとか。
湯がいて殻を壊して食べるそうです。
ほんと日本人は磯のものは何でも食べるなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

エビスガイ

Category : 巻貝
P5200040.jpg
撮影時期:2012/05 水深: 水温: 殻高:2.5cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:

サザエのミニチュア版みたいな感じ。
でもなんとなく可愛げがあって好きな貝の一つです。

今回は打ち上げられた貝殻ですが、生きているときは潮下帯の岩礁に棲んでいるそうです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

キサゴ

Category : 巻貝
P5200020.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻高:1.5cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:干潟

ながらみという通称で親しまれるカタツムリ型の貝。
干潟に生息し、浅く砂に潜っています。
湯がいて食べるのが一般的ですが、個人的には身が柔らかすぎて好みじゃないです。

近似種にイボキサゴがいますが、殻の底にある『臍盤』というピンク色の部分が殻の半径より小さいことが特徴。
つっても微妙すぎてわかりずれ~~~。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

コロモガイ

Category : 巻貝
P5200108.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-7m 水温18℃ 殻高:6cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

ニシのなかまのように貝殻が長城のように強く段差をつくります。
でもニシと違いかなり縦長。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

トリガイ

Category : 二枚貝
P5200037.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻幅:4cm 撮影者:DI
ポイント:船着場 環境:干潟

干潟ではふつうに見られる貝。
殻は強く膨らみ、放射状に筋が走り、蝶番のあたりに群雲模様が入るのが特徴。
けっこう味は良いらしいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

カモガイ

Category : 巻貝
P5170165.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻長:4cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:潮干帯上部の岩礁

肋筋がウネウネと蛇行すること、コレ系の貝の中ではかなり殻高が高いことが特徴です。
また、水からかなり離れたところを好むようで、
ギリッギリ飛沫がかかるかかからないかくらいのとこにくっついてます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ニシキガイ

Category : 二枚貝
P5170166.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-0m 水温18℃ 殻長:7cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:

波にさらされていた期間が長かったのか、けっこう削られちゃってるけど・・・・・・
ヒオウギガイなんかと同じイタヤガイ、ちょっとガタガタで整ってないやつ。
それでもこの紅色はなかなかきれいですねっ!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。