スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイワンガザミ

Category : カニ
P5260130.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-1m 水温:20℃ 甲幅:7cm 撮影者:駄犬
ポイント:船着場 環境:砂地

かなり大型になるガザミの仲間。
こいつはまだ小さい個体だけど、老成した個体はハサミを広げると40cm近くにもなる。

体が青っぽいことで近似種と区別できます。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ナカザワイソバナガニ

Category : カニ
P5040297.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-18m 水温:16℃ 体長:3cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のウミカラマツ

イボイソバナガニと形は似てますが、こいつはウミカラマツ系に専門でつき、体に色々つけて擬態しています。
ちなみにやっぱり波左間初観察&北限記録。

今度北限記録種いくつ見つけたか数えてみよーっと。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アカシマシラヒゲエビ

Category : エビ
P3170482.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-26m 水温:16 ℃ 甲長:4cm 撮影者:駄犬
ポイント:タイヤ漁礁 環境:古タイヤ

個人的に非常に名前の覚えずらいエビ。
波左間初観察でよっし! とスレートに書こうとしたら、
アカ・・・ シマシラ? シマシゲ・・・?
とわかんなくなって、しょうがなく初観察エビ! と書いた消化不良。

こいつもクリーナーシュリンプのようだけど、まだクリーニングしてるとこは観察してません。
かわりに社長のまいた魚のえさを食べてます。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

マルエラワレカラ

Category : その他甲殻類
P4050638.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:8mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

名前の通りエラが丸いワレカラ。
こいつは内湾性のS型と呼ばれるものらしく、外洋性の同種は太くてごっついR型と呼ばれるらしい。

それにしてもようもワレカラの同定が進むもんだわ。
ワレカラってそこそこメジャーな生き物なのか?

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

オオワレカラ

Category : その他甲殻類
P4050643.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:3cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

最大で5cmくらいになる大型のワレカラ。
なんかぺた~っと伏せるように隠れるクセがあるようです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アミsp-2

Category : その他甲殻類
P4060062.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

どうもこいつは泳がないタイプのアミらしい。
藻場には小さな甲殻類がたくさんいて、だいたいはノミだのダニみたいなやつばっかりなんだけど、
こういうエビっぽいのが見つかるとけっこううれしい。

ちなみにエビによく似ているけど、全然違うグループです。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

トゲワレカラ

Category : その他甲殻類
P4060059.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:1.5cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

アルビノのワレカラや~! と喜び勇んで撮ったやつ。
頭部に小さなトゲがあるのが特徴。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヨコエビsp

Category : その他甲殻類
P4060042.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:16 ℃ 全長:3mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場

海藻が繁茂する季節になると、ほんと小さな甲殻類がウジャウジャと湧いてきます。
こいつらはまたちょっと気色の悪い系なんだけど、まだ小さくてよく見ないと識別できないからいい方か。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

クシノハカクレエビ

Category : エビ
P2030350.jpg
撮影時期:2013/02 水深:-18m 水温:14℃ 体長:2cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:ザラカイメンの胃腔

ザラカイメンカクレエビとそっくりだけど、
本種は挟脚が細い、指の部分が赤くなる、鋏に毛が生えないなどで区別できます。
あんまいなさそうな気もするんだけど、探してみると結構いるんだよね。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アカシマオハリコテッポウエビ

Category : エビ
P1130324.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-18m 水温:14℃ 甲長:1cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:砂地の転石下

ネタがないときの補充要因に、ブイ近くの転石があります。
なるべくひっくりかえしたくはないんだけど、これを覗くと色んな甲殻類が出てきます。
たいてい地味なやつだったり、気色悪いゴカイが出てきたりと当たりの確率はそう高くないけど、
たまにはこんなきれいなエビが出てきたりします。

テッポウエビって、左右どっちの鋏が大きくなるのか、別に決まってないらしいですね。
う~ん、不思議だ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

サンゴフジツボsp

Category : その他甲殻類
PC300128.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-17m 水温:14℃ 曼脚の長さ:1.5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:イシサンゴ

イシサンゴの表面からキラキラした糸状のものが伸びている!?
ああ、こういうとこにもつくわけねえ。
たぶんこういうとこ専門のやつなんでしょう。

キラキラきれいだから、撮り方によってすごい写真が撮れそうだ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

チリメンベニオウギガニ

Category : カニ
PB250144.jpg
撮影時期:2012/11 水深:-18m 水温:19℃ 甲幅:5mm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:砂地の転石の下

転石をひっくり返したら出てきためっちゃきれいなカニ。
甲は色彩変異が多いらしいけど、脚はみんな赤やオレンジなんだそうです。
これは甲殻類好きにはタマラン種やで~。
でもいつも見つけられるとは限らんのが、転石下の住人の困るところ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒメサンゴガニsp-4

Category : カニ
PB160059.jpg
撮影時期:2012/11 水深:-18m 水温:21℃ 甲幅:5mm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:エダサンゴの枝の間

海の甲殻類の中では西表島に生息と書かれてますが、けっこう波左間で観察できてます。
エダサンゴ自体ちょこちょことしかないからアレなんですが、かなりの確率でついてる感じ。
脚の水玉模様が綺麗ですね。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ガザミsp

Category : カニ
DSCF5136.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-16m 水温:22℃ 甲幅:1cm 撮影者:サイトウ
ポイント:高根 環境:砂地

たぶんヒメガザミ系の小型種だと思われます。
私は直接見てないのでよくわからないけど。

スナイソギンチャクがひっこんだ穴に取り残されてたようです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

スベスベマンジュウガニ

Category : カニ
PA210120.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-16m 水温:24℃ 甲幅:7cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁の岩穴

ユニークな名前から歌にもなったあのカニ。
ほんっとにすべすべしてて、写真で見ても分かる通りカニ界きっての美肌です。
でも背面の群雲模様はcoolでかっこいいよね。
知ってのとおり、毒を持っているので食べられません。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アシナガモエビ

Category : エビ
P9050076.jpg
撮影時期:2010/09 水深:-2m 水温:24℃ 全長:1cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁

磯にいる普通種。
ただ、そんな浅場で潜ることも少ないし、けっこう素早いしでなかなか写真には撮れないやつです。
名前の通り、脚が長くなるのが特徴。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アミsp-1

Category : その他甲殻類
P9230180.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-6m 水温:24℃ 全長:2mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

見た目はエビに似てるけど、エビとは違う、アミ目というグループなんだそうです。
昼間は砂の中に隠れてて、夜になると活発に活動し、光に群がるそうです。
イサザアミと呼ばれることもあるけど、それはどうやらアミ類の総称みたいなもんらしい。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオメアミ

Category : その他甲殻類
P9230176.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-6m 水温:24℃ 全長:2mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

なんか砂地でチョロチョロしてるやつ。
気になるんだけど、肉眼でとらえられないし、スルーされてしてしまうやつら。
んでこれがチョロチョロ動くし、ものすごく撮りづらい。
数うちゃ当たるでようやく撮れた一枚。

いろんな魚のエサになってるんだろうなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

エボシガイ

Category : その他甲殻類
PA120056.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-5m 水温:24℃ 高さ:3cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:中層のブイ

中層や表層のブイや流木などの漂流物につく甲殻類。
カイという名前がついているけど、フジツボと近縁。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ケブカヒメヨコバサミ

Category : 異尾類
P9160080.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-6m 水温:26℃ 甲長:2cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:コンクリート漁礁

10年潜ってて初めてちゃんと観察したわ。
歩脚・鋏脚に長い毛があり、眼柄に縦筋があるのが特徴。

甲殻類の普通種って、魚の普通種以上にないがしろにされてるよなあ。
実際図鑑写真を撮りためようと思うまで、こんなやつ興味なかったし。
そんなわけで、みんなも今度海に行ったら、「ケブカヒメヨコバサミ見せて!」ってリクエストしましょう。
二つ返事でOKしてくれるガイドは逆にすごいと思う。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。