スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘラヤガラ

Category : トゲウオ目
PC240129.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-18m 水温:14℃ 全長:25cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:潜降ロープ

ヤガラの中で唯一まともな被写体に選ばれるトップ選手。
波左間でもたま~に見かけるんだけど、割と逃げやすいし、細長くて撮りづらいしで
今までなかなかチャンスがなかったんですが、
このときは潜降ロープに擬態してたおかげでようやく撮れました。

それにしてもおもろい形やで~。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヨウジウオ

Category : トゲウオ目
PC160199.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-1m 水温:17℃ 全長:7cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:表層

EX間際に爪楊枝みたいなんが浮いてると思ったら・・・
こいつ動くぞ! てなもんで大慌てで捕獲しました。
ええ、ヨウジウオが表層にいるなんて知らんかったもんで、こりゃ絶対ヤバいやつやと思ってしまったから・・・
実際はけっこう表層にいることも多いらしいですね。


PC160109.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-1m 水温:17℃ 全長:7cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:表層

捕獲後撮影してみました~。
ちゃんとこの後放流しましたよ。
海底近くで逃がしたら、やっぱりどんどん上に向かって泳いでました。


P4060047.jpg
撮影時期:2013/02 水深:-6m 水温:17℃ 全長:20cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:マメタワラ

マメタワラの中で大きい個体を見つけました。
いろんなところにいるもんですね。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

オイランヨウジ

Category : トゲウオ目
PB250131.jpg
撮影時期:2012/11 水深:-16m 水温:19℃ 全長:4cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁の岩穴

シマシマ模様ですぐに区別がつく、波左間では超がつくほどのレア種。
ただ、やっぱヨウジウオは細長くてしっかりした撮影には確かな腕が必要です。

こうして写真にとって見ると初めてわかるけど、体が六角形になってるんですね。
おもろいわあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウミテング

Category : トゲウオ目
P1010218.jpg
撮影時期:2012/01 水深:-7m 水温:17℃ 全長:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

ついにでた! 待望のウミテング!
よくぜんまい仕掛けのような動き、と表現されるけど、実際海で見ると納得。
ピコピコとした動きは見ているだけで面白いです。
でもやっぱトゲウオなので、カメラを向けるとどんどん後ろを向いてしまいます。

全然動かないこいつも、追いつめられると中層に泳いで行ったりします。
面白いなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

カミソリウオ

Category : トゲウオ目
PC040019.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-7m 水温:20℃ 全長:7cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のノコギリモク

出たー! 念願のカミソリウオ!
波左間では毎年少ないながらも観察されているようですが、実は私はこれが初、人生で3度目の出会い。

一言でいえば地味なニシキフウライウオって感じですが、この擬態っぷりは実に見事で完全にホストに同化しちゃってます。
これを見つけられる眼を養っていきたいです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

タツノイトコ

Category : トゲウオ目
P5150038.jpg
撮影時期:2011/05 水深:-7m 水温:16℃ 全長:7cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の海藻

タツノイトコなんていういかにも二番煎じって名前のカワイソウなヤツ。
見た目もイマイチパッととしない感じで、ヨウジウオ以上タツノオトシゴ未満って感じ。
それでもタツという名前が付くだけでトゲウオ好きは黙ってられない人気者です。

波左間では初夏に出現率が高いような気がします。
やはり海藻の繁茂するこの季節が、彼らにとっても活動しやすい時期なのかも。



P5180074.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-18m 水温:18℃ 全長:6cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:砂地の海藻

赤いタイプ。
6月を中心に、ミルや海藻いたるところについています。
砂地に生えてるその仲間を探すと結構高い確率で遭遇できます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アオヤガラ

Category : トゲウオ目
PB130137.jpg
撮影時期:2010/11 水深:-18m 水温:24℃ 全長:50cm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:コンクリート漁礁
 
ひょろなが~い形が印象的過ぎるお魚。
初めてコイツを見たときはあまりに無茶な体型に水中で吹いてしまったものです。
浅場から深場の中層までいたるところで観察できます。

近似種のアカヤガラは超がつくほどの高級魚ですが、コイツは箸にも棒にもかからない雑魚扱いで、
食べた人によるとなんとも言えない渋みがあって食えたもんじゃないんだとか。


P9180022.jpg
撮影時期:2011/09 水深:-7m 水温:26℃ 全長:20cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地の漁網

幼魚はこんな感じで細長いモノに擬態していることも。
ロープとか、ムチカラマツなんかに擬態していることもありますよ。
こんな見かけだけど、顔を見るとけっこうかわいいんだなあ。


PC310065.jpg
撮影時期:2011/12 水深:-18m 水温:17℃ 全長:50cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

ナイトダイビングで撮影。アオヤガラの寝姿。
すげー、なにこれ。
めっちゃくちゃ縞模様。
一瞬ヘラヤガラかと思っちゃうから困ります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イバラタツ

Category : トゲウオ目
P1280041.jpg
撮影時期:2011/01 水深:-15m 水温:15℃ 全長:10cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のハネハリカイメン

体中を覆う棘が特徴のタツのなかま。
タツの中でダントツのかっこよさを誇ります~。
吻が非常に長いことも本種の特徴。

2011年1月が初観察。いったいどれくらいの水温まで耐えられるんだろう。

タツの中では比較的撮影しやすいほうで、THEタツのように泳ぎ回らないし、
ハナタツのように顔をそむけまくるわけでもなし。
むしろカメラに対して正面を向いて、俯く感じで小さくなってしまうことが多いような気がします。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ニシキフウライウオ

Category : トゲウオ目
PA240017.jpg
撮影時期:2010/11 水深:-18m 水温:18℃ 全長:7cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のアカヤギ

私のいっちゃん好きなお魚!
魚らしからぬこのフォルムと、きれいな色がたまりません。
タツノオトシゴの仲間だけど、抱卵するのはメスの役目。
なので、メスはオスよりも胸鰭が大きくなっています。

でも波左間に現れるニシキフウライウオはなぜかみんなこの色。
ま、たぶんいっぱい生えてるアカヤギに擬態しようとしてるからなんだろうけど。
でも、ウミトサカだっていっぱい生えてるんだから、そっちに行ってくれればいいのに。


PC230128.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-22m 水温:20℃ 全長:10cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:コンクリート漁礁のソフトコーラル

とか言うてたら、出ました~!
波左間初記録のきれいなニシキフウライウオ! しかもペア!
この日は湧きに湧いてお祭り騒ぎになりました。
こちらの個体はオスで、メスより胸鰭が小さく、身体も細いのが特徴です。

PC230110.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-22m 水温:20℃ 全長:12cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:コンクリート漁礁のソフトコーラル

こちらはメス。
オスより大型になり、卵を抱えるために胸鰭が大きく袋状になるのが特徴です。
受精後、オスはどこかに移動してしまいますが、メスは同じところに留まり続け、卵を孵します。

う~んこれは、ハッチアウトまで観察したいところだぜ・・・・・・


PB290079.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-18m 水温:15℃ 卵の直径:1mm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:オーバーハングのオオウミシダ

抱卵中のメスの腹鰭。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ノコギリヨウジ

Category : トゲウオ目
PA080084.jpg
撮影時期:2010/10 水深:-14m 水温:22℃ 全長:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根(漁礁) 環境:岩礁の岩穴

尾鰭がうちわ状になることが特徴のヨウジウオ。
体色は黄土色の地に青い縦帯が入るのが特徴。
岩礁の岩穴に隠れているので、撮影環境はけっこう厳しいものがあります。
さらに細長いので全身写そうとするとたいてい失敗するのでカメラ派ダイバー泣かせの被写体です。

そんなこんなで撮れた写真もこんなもん。
お恥ずかしい限りです。


584384_1311517328.jpg
撮影時期:2011/07 水深:-19m 水温:21℃ 全長:5cm 撮影者:kai
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁の岩穴

8月に入ってお花畑の岩陰にはこいつがいっぱい。
ようやっと全身写真を載せられました。
kaiさんいつもありがとうございます。

とか思っていたら、あれ? 尻尾が変だぞ?
斑紋がひとつしかないレア個体ではないか!
本種の斑紋は通常3個で、ネットで検索しても斑紋1個というのは出てきません。
(3個より多い個体はそれなりにいます)
ううむ、生物は仔細までよく観察しないといけないね!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒフキヨウジ

Category : トゲウオ目
PA120118.jpg
撮影時期:2008/10 水深:-18m 水温:21℃ 全長:30cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地

ヨウジウオ科の中でも特に大型になる種。
大型といってもひょろ長いだけだからイマイチ存在感がないのが残念。
同じく大型になるワカヨウジとの見分け方は吻の長さで、ワカヨウジは極端に長いけど、本種は普通くらい。
鎌首もたげてひょろひょろ移動するさまは、なかなか愛嬌があります。


P6030248.jpg
撮影時期:2012/05 水深:-18m 水温:18℃ 全長:30cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁近くの砂地

全身図。
なっがー。
岩礁に近い砂地を好むような気がします。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオウミウマ

Category : トゲウオ目
PC190977.jpg
撮影時期:2008/12 水深:-18m 水温:20℃ 全長:18cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:砂地のアカヤギ

2008年も終わろうとしている頃、突如現れた超巨大オオウミウマ。
全長15cmはあろうかという巨体は貫禄十分でした。
カメラを当ててもストロボ当てても全然動じない、タツのなかではダントツで撮影しやすい種類です。


P9230048.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-16m 水温:24℃ 全長:12cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

たまにしか出てこないし、色もきれいなヤツが多いから人気の生物。
でも移動しやすいし、移動しだすと見つからないんだよねえ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

タツノオトシゴ

Category : トゲウオ目
P9260031.jpg
撮影時期:2008/10 水深:-17m 水温:21℃ 全長:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁のアカヤギ

波左間で見られるタツと言えばこいつ!
今までハナタツは一度も見つかっていないんです。
ハナタツとの違いは、この長く伸びた頭。
ハナタツはもっと滑らかに丸っこいのに対して、このトンガリ具合。
コーンヘッドです。
ダイビングポイントでは本種を観察できる場所はなかなかないのでダイバーからしたらレアかな?

ハナタツと違いかなり泳ぎ回ります。
カメラを近づけると、そっぽ向くばかりでなく積極的に泳いでホストを移動するのでもう大変。
撮りにくいタツNo.1でしょう。

ちょっと気になってタツノ『オトシゴ』の部分を調べてみました。
『落とし子』とは、身分の高い人が正妻でない女性に産ませた子、ご落胤。ということだそうです。
これまで落とし子は英語で言えば Mc とか Jr 程度の ~~~のこども 程度のことだと思っていたのに、ちょっとドロドロしてますね。
つまり龍が魚に浮気して孕ませちゃったお子ってわけなのね。


P1010243.jpg
撮影時期:2012/01 水深:-7m 水温:17℃ 全長:7cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

海藻の多いマンボウランドでみかけるのはこのタイプが多いです。
一番多く見られる時期は、春から夏にかけて。
直径50mの生簀の中で、かなりの高確率で出会えます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ホソウミヤッコ

Category : トゲウオ目
P9060092.jpg
撮影時期:2009/09 水深:-20m 水温:24℃ 全長:7cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

まだこいつの存在を知らなかった頃、ガイドさんのスレートに『ホソウミヤッコ』の文字。
え? え? どんなキンチャクダイがいるの? と思ったらこいつだったときの脱力感は忘れられません。

吻が他のヨウジウオに比べて極端に短いので、すぐに本種とわかるはず。
大きくなると20cm近くにもなります。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。