スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムツ

Category : スズキ目ムツ科
P4270122.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-5m 水温:24℃ 全長:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場の中層

春のマンボウランドは小さな魚がたくさんいます。
こいつもその中のひとつ。
アジの幼魚かと思ったけど、尾柄が太めなんで見分けがつきました。

ムツはまあけっこう身近な食用魚だけど、私はあんま好きじゃない。
あの独特のムツ臭さがね・・・
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

スルメイカ

Category : イカ・タコ
P2170424.jpg
撮影時期:2013/02 水深:-18m 水温:14℃ 全長:12cm 撮影者:駄犬
ポイント:定置網 環境:

エンペラが胴体の先っちょについてるのが特徴。
どこででも獲れるイカらしいけど、ダイビング中に見たって話は全然聞かないなあ。

それにしてもスルメイカって名前は、このイカから始まったのか、
スルメにしやすいイカだからってつけられたのか、どっちなんだろう?

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヤリイカ

Category : イカ・タコ
P2170417.jpg
撮影時期:2013/02 水深: 水温:14℃ 全長:18cm 撮影者:駄犬
ポイント:定置網 環境:

エンペラの位置が胴体の中心寄りにあるのが特徴。
このおかげでツツイカ科の中では見分けがつけやすい方。

たぶんダイバーより釣り人の方がイカの見分けはズバっとできるんだろうなあ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒガンフグ

Category : フグ目
P1130242.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-18m 水温:14℃ 全長:18cm 撮影者:駄犬
ポイント:タイヤ漁礁 環境:中層のブイ

釣り魚としてはメジャーらしいけど、ダイビング中にはほとんど見かけません。
黄色い目と体全体にある斑点が特徴。

アカメフグとよく似てますが、本種は皮膚の凹凸が強いことで区別できます。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ミズクラゲ

Category : クラゲ・クシクラゲ
P9130104.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-10m 水温:24℃ 傘の直径:15cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:中層

港なんかに行くと、水面をパカパカ泳いでるのをよく見るんだけど、ダイビング中に合うのはなかなか稀な気がします。
刺胞毒は弱くて触ってもなんともならないから安心。

普通は表層にいるんだけど、この時は弱っていたのか中層を流れていました。
おかげで写真が撮りづらいこと。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

クロサバフグ

Category : フグ目
P9160047.jpg
撮影時期:2012/09 水深: 水温: 全長:30cm 撮影者:駄犬
ポイント: 環境:

なんかやたらキラキラしてる魚がいる・・・
サバっぽいけど、形はフグみたい。
なんぞこれ? と聞いてみたら、なるほど、こんな名前でした。
こんなテカテカしたフグがいるとは知りませんでした。
おもろいなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

タカベ

Category : スズキ目イスズミ科
P9160031.jpg
撮影時期:2012/09 水深: 水温: 全長:20cm 撮影者:駄犬
ポイント: 環境:

青っぽい体に背側が黄色いきれいな魚。
真っ青な海の中で、コイツが川のように流れる光景は時間を忘れて見入ってしまいます。
ところが波左間だとほとんど見られなくて、いても数匹がマアジと混泳している程度。
同じ海なのにどうしてこうも違うのか。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

イトヒキアジ

Category : スズキ目アジ科
P9160028.jpg
撮影時期:2012/09 水深: 水温: 全長:18cm 撮影者:駄犬
ポイント: 環境:

たなびく糸がめっちゃ魅力的な憧れのお魚。
過去にマンボウランドに出たこともあるんだけど、そのときは見つけられず、悔しい思いをしました。
いつも数匹の群れで行動しています。

これに水中で出会えたら感動モンです。
かなりのレア種。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

バショウカジキ

Category : スズキ目マカジキ科
P9020136.jpg
撮影時期:2012/08 水深: 水温: 全長:1.8m 撮影者:DI
ポイント: 環境:

うわあああああ! かっけえええええええ!
魚類の中でダントツのかっこよさだと思うわけですよ!
長い吻、細長いボディ、シャープな尾鰭、そして大きく広がる背鰭!
男心をつかんで離さぬ、それがカジキ!

この個体は定置網に刺さっていたのを、社長が依頼されて引き揚げてきたらしいです。
まだ2m弱と小型ですがその迫力は凄まじい。
最高時速100km/hで泳ぐ姿を、水中で見てみたいもんです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ゴマサバ

Category : スズキ目サバ亜目
DSC04546.jpg
撮影時期:2012/04 水深: 水温:20℃ 全長:25cm 撮影者:DI
ポイント: 環境:

なんだか一年中かかりまくってるお魚。
こいつを見かけないときはないんじゃないかってくらい。
マサバに似ているけど、腹側に黒~褐色の細かい斑点が散在することで区別できます。

こんだけ大量にいるんだから海の中で出会っても不思議じゃないはずなのに
今まで出会ったことがないのはなんでだろう?

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。