スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムツ

Category : スズキ目ムツ科
P4270122.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-5m 水温:24℃ 全長:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:藻場の中層

春のマンボウランドは小さな魚がたくさんいます。
こいつもその中のひとつ。
アジの幼魚かと思ったけど、尾柄が太めなんで見分けがつきました。

ムツはまあけっこう身近な食用魚だけど、私はあんま好きじゃない。
あの独特のムツ臭さがね・・・
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

シオグサsp

Category : 緑藻
P5180013.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 高さ:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:コンクリートブロック

ふわっふわでめちゃきれいな海藻。
でもシオグサの仲間ってこと以外はわかりませんでした・・・

春は生物層はまだ貧弱だけど、海藻が一番おもしろい季節です。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

オオオゴノリ

Category : 紅藻
P5050361.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 高さ:50cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:魚網

オオオゴノリの枯れかけたやつ・・・。
なのかなあ?
海藻は顕微鏡で見ないと種の同定が難しいからいつも
モヤモヤしたまま載せてしまいます。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒロメ

Category : 褐藻
P4290103.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 高さ:30cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:魚網

その名のとおり、広い葉を持った褐藻。
葉が一枚にしかならないことと、切れ目などがないことですぐ見分けがつきます。

こいつには特に魅力的な生物が付着しないからあんまりおもしろくない。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ミミイカ

Category : イカ・タコ
P4270160.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 全長:2cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:荒い砂地

小さくて丸っこくてかわいいイカ。
普段は砂に潜っているようですが、たまたま外に出てきていました。
砂に潜るときには、だいたいのところまで体でねじ込んだ後、腕を使って頭に砂をかけていきます。
この仕草がなんともまたかわいい!

ダンゴイカとはよく似ていますが、本種のほうが若干色素が密集しているようです。


P4270158.jpg  
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 全長:2cm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:荒い砂地

威嚇ポーズ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

クロヘリアメフラシ

Category : ウミウシ
P4290131.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-16m 水温:17℃ 全長:2cm 撮影者:駄犬
ポイント:ドリーム 環境:岩礁の海藻

普通は-5mくらいの浅場に多いんだけど、この深度で見るのは初めて。
体色には個体差がありますが、ビラビラを縁取る濃色の模様が同定の決め手。

アメフラシのなかまの中では小型なので、まだ愛嬌があって写真栄えもします。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒラスカシガイ

Category : 巻貝
P5190016.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 体長:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:海藻の上

ものすごい貝殻の小さい貝です。
こんな外見だけど、分類上はウミウシではなく貝になります。

で特徴的なのが貝殻のてっぺんについた煙突のような管。
コレ何?

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

サガミアメフラシ

Category : ウミウシ
P5180010.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:16℃ 体長:4cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:海藻の上

アメフラシの中では規格外にきれいだから、俺お前のこと好きよ。
特徴は淡色であることと、背中のビラビラがクルっと丸まって2本の煙突のようになってること。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

アマクサアメフラシ

Category : ウミウシ
P3170499.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:17℃ 体長:5cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のクロミル

アメフラシのご他聞にもれず、春になると浅場に増えてきます。
THEアメフラシとの見分け方は、

・白い汁を出すこと
・背中のビラビラが後端でつながっていること

けど白い汁なんて出すとこみたくねえよおおおお。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒラミルミドリガイ

Category : ウミウシ
P4050679.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-7m 水温:17℃ 体長:1cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地のクロミル

こんな名前のくせしてヒラミルについてるの見たことないよ?
特徴的な外見tと、ミルにつくという習性から本種と見分けるのはすごく簡単。
ただあんまり面白みのないやつだから、バックの処理を考えるといいかも。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。