スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカクラゲ

Category : クラゲ・クシクラゲ
P5120208.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-24m 水温18℃ 傘の直径:8cm 撮影者:DI
ポイント:高根(お花畑) 環境:砂地

こいつはもう弱りきって死に掛けてるやつ。
ふつうは沿岸の表層を漂ってます。
けっこう強い刺胞毒を持っているので要注意!
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ヒロメ

Category : 褐藻
P4290103.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-7m 水温:18℃ 高さ:30cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:魚網

その名のとおり、広い葉を持った褐藻。
葉が一枚にしかならないことと、切れ目などがないことですぐ見分けがつきます。

こいつには特に魅力的な生物が付着しないからあんまりおもしろくない。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

クロヘリアメフラシ

Category : ウミウシ
P4290131.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-16m 水温:17℃ 全長:2cm 撮影者:駄犬
ポイント:ドリーム 環境:岩礁の海藻

普通は-5mくらいの浅場に多いんだけど、この深度で見るのは初めて。
体色には個体差がありますが、ビラビラを縁取る濃色の模様が同定の決め手。

アメフラシのなかまの中では小型なので、まだ愛嬌があって写真栄えもします。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

カヤモノリ

Category : 褐藻
P1310328.jpg
撮影時期:2013/01 水深:-0m 水温:12℃ 高さ:20cm 撮影者:駄犬
ポイント:船着場 環境:潮干帯の「コンクリートスロープ

からだが節で分かれているのが特徴。
ふりかけの材料になるらしいです。
でもうまそうではないなあ。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

スベスベマンジュウガニ

Category : カニ
PA210120.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-16m 水温:24℃ 甲幅:7cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁の岩穴

ユニークな名前から歌にもなったあのカニ。
ほんっとにすべすべしてて、写真で見ても分かる通りカニ界きっての美肌です。
でも背面の群雲模様はcoolでかっこいいよね。
知ってのとおり、毒を持っているので食べられません。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アシナガモエビ

Category : エビ
P9050076.jpg
撮影時期:2010/09 水深:-2m 水温:24℃ 全長:1cm 撮影者:DI
ポイント:ビーチ 環境:岩礁

磯にいる普通種。
ただ、そんな浅場で潜ることも少ないし、けっこう素早いしでなかなか写真には撮れないやつです。
名前の通り、脚が長くなるのが特徴。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

スズメダイ

Category : スズキ目スズメダイ科
PA120020.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-15m 水温:24℃ 全長:12cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

マツバスズメダイとそっくりで見分けにくいんだけど、本種の方は尾鰭の松葉模様がくっきりしません。
って、だからそのくっきりとかぼんやりとかの具合が微妙だからわかりにくんだっつーの!

マツバスズメダイより本種の方が浅い場所を好むので、それが同定の決め手かも。


PB020003.jpg
撮影時期:2012/11 水深:-7m 水温:20℃ 全長:1cm 撮影者:DI
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

まだまだ小さいステージ。
大人は地味でも子供はめっちゃきれいなスズメダイの仲間の中で、子供時代もひじょうに地味。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

アミsp-1

Category : その他甲殻類
P9230180.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-6m 水温:24℃ 全長:2mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

見た目はエビに似てるけど、エビとは違う、アミ目というグループなんだそうです。
昼間は砂の中に隠れてて、夜になると活発に活動し、光に群がるそうです。
イサザアミと呼ばれることもあるけど、それはどうやらアミ類の総称みたいなもんらしい。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

オオメアミ

Category : その他甲殻類
P9230176.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-6m 水温:24℃ 全長:2mm 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:砂地

なんか砂地でチョロチョロしてるやつ。
気になるんだけど、肉眼でとらえられないし、スルーされてしてしまうやつら。
んでこれがチョロチョロ動くし、ものすごく撮りづらい。
数うちゃ当たるでようやく撮れた一枚。

いろんな魚のエサになってるんだろうなあ。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒラフネガイ

Category : 巻貝
P9230165.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-6m 水温:24℃ 殻長:1.5m 撮影者:駄犬
ポイント:マンボウランド 環境:貝殻の内側

死んだ巻貝の殻口の内側に、必ずと言っていいほどついています。
なんでわざわざこんなところにつくんだろうなあ?
外側でもいいだろうに、不思議。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。