スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボシダイsp

Category : スズキ目イボダイ亜目
P9020198.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-3m 水温:25℃ 全長:1cm 撮影者:DI
ポイント:パラダイス 環境:表層のモモイロサルパ内

黒潮が流れ込み、さらに大潮の上げ潮で激流になっている表層で、
モモイロサルパを撮影していたら偶然写りこんでいました。
瀬能先生に伺ったところ、こんな回答をいただきました。

体形や眼の位置などからエボシダイ科の稚魚と思われますが、
データベース中には 類似の色彩の稚魚の画像はありませんでした。
現時点ではそれ以上のことがわかりません。

なるほどねえ。
こんな写真しか材料なくてすみません。

どうも体の後半は透明で背骨が透けているように見えますね。
こういう出会いもあるから、安全停止中も気が抜けない!
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

モモイロサルパ

Category : ホヤ・サルパ
P9020195.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-3m 水温:25℃ 個中の高さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:パラダイス 環境:表層

黒潮がぶつかった、大潮の上げ潮でブン流れているときに、大量に流れてきていました。
ひとつひとつの個虫がいくつもつらなって、長~い群体を作って遊泳しています。

この日初めて見たんだけど、こういうナガレモノは一期一会って感じですごい心惹かれます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ヒガサウミシダ

Category : 棘皮動物
P9020187.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-22m 水温:25℃ 腕長:20cm 撮影者:DI
ポイント:パラダイス 環境:コンクリート漁礁

個体数は少な目で、「かなり」潮通しの良いところを好む種類。
確かにこのパラダイスは砂地に作った小さな漁礁なので、干満の潮がモロにあたりやすいところ。

腕にまだら模様が入るのが特徴です。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウミトサカ

Category : ソフトコーラル
PB280022.jpg
撮影時期:2010/11 水深:-20m 水温:23℃ 高さ:50cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底のコンクリートブロック

岩礁域のいたるところで見られますが、側面に着くことは少なく、たいていはトップ付近に着生します。
幹は柔らかく、長い枝と、そこから派生する小枝で構成されており、
それぞれの枝が長いため、トゲトサカよりポリプが拡散しているような印象を受けます。

ウミウサギのような貝はあまり共生しないようですが、スケロクウミタケハゼはこちらをよく好むようです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。