スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンセンイシモチ

Category : スズキ目テンジクダイ科
PC300003.jpg
撮影時期:2010/12 水深:-18m 水温:18℃ 体長:7cm 撮影者:DI
ポイント:高根 環境:岩礁

スジオテンジクダイとめでたく別種となり、キンセンイシモチの名前をそのまま引き継いだライン型。
伊豆方面だと実はスジオがほとんどだった、なんて話を聞くけど、
波左間だと逆にキンセンイシモチが優勢なようです。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ツノザヤウミウシ

Category : ウミウシ
P5190070.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-24m 水温:17℃ 体長:3cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:砂泥底

これこれ、こういうウミウシを待ってたんよー。
有名なフデフリツノザヤウミウシほどの知名度はないけど、こっちの方が断然きれいですよね~。

でも問題なのは、砂泥底に生えたコケムシを常食にしているらしくて、
かなり遭遇率が低く激レアな点。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ナマハゲミノウミウシ

Category : ウミウシ
PC160307.jpg
撮影時期:2012/12 水深:-20m 水温:14℃ 全長:5cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:エナガトゲトサカ

高根の北にある人がめったに行かない腐れ土俵にいました。
真っ赤な顔、逆立った白い触手がまさにナマハゲ。
この名前をつけた人は素晴らしい!

どうやら、エナガトゲトサカに生えるハナヤギウミヒドラを常食としているらしいです。
こいつがいると、どんどん幹がきれいになっていく。


P5190063.jpg
撮影時期:2013/05 水深:-24m 水温:17℃ 全長:51m 撮影者:駄犬
ポイント:ニューパラダイス 環境:エナガトゲトサカ

ちっちゃい個体を発見。
名前のイメージから勝手に北方系ウミウシだと思ってたけど、この時期に出るならそんなことないようです。

それにしても、トサカにとってはヒドラを食われるのはうれしいことなのか迷惑なことなのかどっちだろう。

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

イッセンタカサゴ

Category : スズキ目タカサゴ科
PB160090.jpg
撮影時期:2012/11 水深:-15m 水温:21℃ 全長:12cm 撮影者:駄犬
ポイント:ピラミッド 環境:砂泥底のコンクリート漁礁

何がイッセンやねん、いっぱいあるやんけ。
えっとねー、タカサゴやニセタカサゴより1本線が多いような感じ。
あと若干線の色がもっさい感じ。
もーなんか他の種ありきの名前つけんのよめよーやー。
わかりづらいねん!

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ウイゴンベ

Category : スズキ目ゴンベ科
PB110083.jpg
撮影時期:2012/11 水深:-18m 水温:22℃ 全長:8cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:岩礁

ゴンベの中でもめっちゃ泳ぎまわるウイゴンベ。
若干渋めな色合いだけど、体の後ろに行くにつれてのグラデーションはなかなかのもの。

こいつもかなりレアなゴンベなんだけど、クダゴンベがいてるから完全に影に隠れちゃってます。
時期が悪かったのう。


P5030186.jpg
撮影時期:2013/04 水深:-24m 水温:17℃ 全長:4cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:底層のブイ

幼魚は色があまりついていないけど、それが逆にキラキラ光を反射するようできれい。
やっぱりゴンベの幼魚は魅力的です。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

エボシガイ

Category : その他甲殻類
PA120056.jpg
撮影時期:2012/10 水深:-5m 水温:24℃ 高さ:3cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根 環境:中層のブイ

中層や表層のブイや流木などの漂流物につく甲殻類。
カイという名前がついているけど、フジツボと近縁。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

ニセタカサゴ

Category : スズキ目タカサゴ科
P9160122.jpg
撮影時期:2012/09 水深:-22m 水温:24℃ 全長:7cm 撮影者:駄犬
ポイント:高根(お花畑) 環境:岩礁

お花畑に突如現れ、あっという間に消えてしまったきれいな魚。
オレンジと黄色が水中ではとても目立って、ものすごくきれいです。
よく似たタカサゴとの区別は、本種は身体中央の縦筋が側線にかかること。

ネンブツダイやキンギョハナダイといっしょになって泳いでいました。


PB160089.jpg
撮影時期:2012/11 水深:-15m 水温:21℃ 全長:12cm 撮影者:駄犬
ポイント:ピラミッド 環境:砂泥底のコンクリート漁礁

同系色とはいえ、色彩変異もけっこう多いです。
写真上から、イッセン・ニセ・イッセン・ニセです。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

スズメダイsp

Category : スズキ目スズメダイ科
P9020163.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-24m 水温:25℃ 全長:1.5cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:コンクリート漁礁

波左間では稀種に入る部類のスズメダイ。
見つけたときは大興奮でしたが、一緒に潜ってたガイドにはまったく理解されず・・・
波左間ガイド陣の魚類への愛は、ちょっと私とは方向性が違います。
いや、私がマイノリティなだけですけど。

コガネスズメダイに似ているけど、腹鰭が白いことで区別できます。
コガネスズメダイの近似種はここ最近分類が進んでいますが、実はコレ非常に悩みどころ。

この写真の個体、
・尾鰭・背鰭の先端が黒い
・背鰭後端の付け根に白点がある
・腹鰭だけでなく臀鰭も白い
ことからキビレスズメダイ(仮称)に見えますが、胸鰭基部に黒点がないのが気になるところ。
もっと大きくなったら出てくるのかな?

てことで、キビレスズメダイとして考え、まだ和名が決まっていないのでスズメダイspとして記載します。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

スジコバン

Category : スズキ目コバンザメ科
P9020183.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-5m 水温:25℃ 全長:15cm 撮影者:DI
ポイント:ニューパラダイス 環境:中層のブイ

体は細長く、2本の白い縦帯があり、尾鰭は円形に丸まっているのが特徴。
オオカマスとかにつくらしいですが、このときは非常に強い流れの中、一生懸命ブイに伴泳していました。

幼魚はフグ類につくこともあるらしいので、今までホンソメワケベラと思ってたのが実は本種だったなんてこともあるかも?

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

モモイロサルパ

Category : ホヤ・サルパ
P9020195.jpg
撮影時期:2012/08 水深:-3m 水温:25℃ 個中の高さ:4cm 撮影者:DI
ポイント:パラダイス 環境:表層

黒潮がぶつかった、大潮の上げ潮でブン流れているときに、大量に流れてきていました。
ひとつひとつの個虫がいくつもつらなって、長~い群体を作って遊泳しています。

この日初めて見たんだけど、こういうナガレモノは一期一会って感じですごい心惹かれます。

テーマ : 水中写真
ジャンル : 写真

検索フォーム

分類

生息環境

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。